2015年 7月 10日

世界遺産登録について思う事

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

「明治日本の産業革命遺産」の
世界文化遺産登録が決まりましたね。
心から喜ぶべきことなのですが、
今回ばかりは ちょっと心配な事が…。

それは
日本が朝鮮人徴用工について
「意思に反して働かされた」としてしまったこと。
20150710-010dc4c91851c74bf1330d691773ff2c.jpg

日本政府代表は
韓国側が主張した「強制労働」(forced labor)ではなく、
「強制的に働かされた」(forced to work)とした事で、
強制性を認めたものではない…としています。
しかし、学者たちの間では
「何が違うのか分からない」と言っています。
これは「強制連行」を認めたのも同然となってしまいます。

韓国のメディアは
「日本が強制労役の事実を
国際社会で初めて認定した」と報じました。

このような文化的なものと政治を
同じ土俵で論じるべきではありませんが、
外交的に言えば、
“日本は負けた” と言えるのではないでしょうか。
韓国にまた一つ外交カードをあげてしまった形です。

今、韓国人元徴用工訴訟などが起きています。
この裁判への影響も気になるところです。

今後、日本は、どのように自国の名誉を回復していくか。
また大きな課題を背負ってしまった気がします。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment