ブログ

2017 5 18

臨時会が開催されました

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

本日、第1回臨時会本会議が開かれ、
個別外部監査契約に基づく監査についての議案の採決や
陳情報告、各委員会委員の選任等が行われました。

新しい議長、副議長も選出されました。

新しい議長には 富本 卓 議員
新しい副議長には 北 あきのり 議員
臨時会が開催されました
がご就任されました。

また委員会の構成メンバーも新しくなりました。
常任委員会では、
私は引続き 保健福祉委員会に所属します。

特別委員会では、
文化芸術・スポーツに関する特別委員会に決まり、
委員長を務めることになりました。

文化芸術・スポーツに関する特別委員会では
文化芸術及びスポーツに関する調査のほか、
東京オリンピック・パラリンピックに関する調査を
行います。
東京五輪への機運醸成や
子供達へのオリパラ教育など、
とても夢のある委員会だと思います。
委員長として 闊達かつ円滑な委員会運営に
努めてまいります!

区民の皆様の声を大切にしながら、
一年間、与えられた職務に全力で頑張ってまいります!

Leave a comment

2017 5 17

眞子さまご婚約

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが、
大学時代の同級生の男性と
ご婚約されるとのことです!!

おめでとうございます!!
久しぶりに明るいニュースですね。
眞子さまご婚約
日本国民の一人として
心からお喜びを申し上げます!

でも…
ひとつ気がかりなことがあります。
皇族の減少についてです。

現在の皇室典範では、
女性皇族が結婚すると皇族から離れてしまいます。
多岐にわたる 数多くのご公務がある中、
その担い手が少なくなってしまうと言うことは、
残された皇族方のご負担が
多くなってしまうのではないでしょうか。

政府の有識者会議では
「皇族数の減少に対する対策について
 速やかに検討を行うことが必要。」
眞子さまご婚約
とされています。

しかし 女性宮家創設は、
将来的に父方が天皇の血を引かない
「女系天皇」が即位する可能性があるため、
慎重に考えなければならないでしょう。

皇室活動を支援していただくためには、
女性皇族が ご結婚された後も
ご公務をこなせるような制度を整備する。
旧宮家のお若い男子を 皇族にお迎えする。
…などが必要だと、私は考えます。

何はともあれ、
お二人を静かに見守り、
暖かく 幸せな家庭が築ける環境が整うことを
お祈り致します。

Leave a comment

2017 5 16

最近の国際情勢

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

すっかり更新が滞っておりました!
今日は久々のH.P.更新です!

今年に入って
世界のリーダーが次々に代わっていますね。
5月初め、フランスの大統領選挙があり、
エマニュエル・マクロン氏が
史上最年少で大統領に当選しました。

そして、つい先日は
韓国大統領選挙が行われ、
反米・親北朝鮮を掲げている
文在寅氏が当選を果たしました。

最近の国際情勢
さて、日本に大きく影響があると言えば、
やはり韓国の大統領のほうでしょうか。

新大統領の文氏は
従軍慰安婦問題の日韓合意に関して、
「再協議が必要」という姿勢を取っています。
また、超親北朝鮮派であり、
現在 閉鎖されている 開城工業団地の再開を
行う予定とも言われています。

はっきり言って、
我が国との関係が悪くなる事はあっても、
良くなることは考えにくい状況です。

しかし、
例えば 日韓慰安婦合意の合意は、
一度、決まった国同士の合意です。
しかも、最終的、不可逆的解決という
文言まであります。
政権が変わったからと言って、
今さら我が国が
再交渉に応じる理由も必要もありません。

20170516-yjimage.jpg
また 文氏は、
北朝鮮がミサイルを打った時に迎撃できる
THAAD配備に 非常に慎重な態度をとっており、
核開発にたいし 国際社会が結束する中においては、
浮いた存在になる可能性があります。

韓国が抱える課題は、
経済の立直し、10%近い若者の失業率、
雇用問題、財閥改革、北朝鮮関連問題、
慰安婦に関する日韓合意…etc など、
山積しています。

今後、新大統領は
どのような政権運営を行って行くのでしょうか。

韓国の大統領は
朴槿恵氏を含めて11人を数えるが
その多くが亡命・失脚・死刑・懲役刑・自殺など
不幸な末路をたどっています。

四年後の任期満了時には
ぜひとも 日韓関係が改善され、
晴れやかな表情の文在寅氏が 見たいものです。

Leave a comment

2017 4 29

子供の安全について思うこと

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

3月末、千葉県で
ベトナム国籍の女児が遺体で発見されるという
大変に痛ましい事件がありました。

しかも、逮捕されたのは
女の子が通う学校の 保護者会の会長だった男。
登校時には通学路に立ち、
子供達の安全を守るはずの人物だったのです。

地域の安全について思うこと
今までだったら
「知らない人について行ってはダメよ。」
「怪しい人を見たら、気をつけなさい。」などと
子供達に教えていたと思います。

しかし、今回のように
学校の保護者会の会長で
登下校の見守りを してくれている人。
入学式などで 祝辞を述べている人。
…となると、
どのように子供達へ伝えれば良いのか
考えてしまします。

今、各地の学校では
子供が被害者となる事件を未然に防ぐために、
防犯教室や地域安全マップの作製などに
取り組んでいます。
また、通学時間帯に重点をおいたパトロールや
警察OBのスクールサポーターを配置などをしています。

子供の安全について思うこと
子供達自身の防犯意識を高める事が、
まずは 重要となってくるでしょう。
そして、やはり地域全体での
防犯対策や地域での連携・協力体制は
ますます必要になってくるハズです。

しかし この容疑者にも
同じ年頃の子供が 二人もいたと言います。
容疑者が起こした 自分勝手な事件のせいで、
この子供達も 辛い思いをしている事でしょう。

被害者のためにも、
そして 容疑者の子供さんのためにも 真相を究明し、
二度とこのような悲惨な事件が起きないようにして
行かなければなりません。

亡くなった女の子の ご冥福をお祈り致します。

Leave a comment

2017 4 26

緊迫する朝鮮半島

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

北朝鮮は昨日、
朝鮮人民軍創建85年の記念日を迎え、
過去最大規模の砲撃訓練を行いました。

米国では
北朝鮮が 軍創建記念日の前後に
核実験などの挑発行為を行う可能性があるとして、
緊迫する朝鮮半島
原子力空母や原子力潜水艦を
朝鮮半島周辺に派遣。
緊迫状態が続いた中での訓練でした。

日本でも ここ数日、
新聞やニュース、ワイドショーなどでは、
北朝鮮ミサイルに注意喚起が流れ、
ただならぬ雰囲気が漂っていましたね。

そんな国際情勢の中で、
我が国が もっとも気になる案件の一つは、
やはり拉致被害者の奪還です。

4月23日、東京で、
拉致問題の早期解決を訴える国民大集会が
開催されました。

今の日本の法律では、
もし 北朝鮮有事の場面などでも、
日本独自で自衛隊などによる
主体的救出は困難でしょう。
米国に協力を求めるしかないのが現実です。

しかし、それで本当に良いのでしょうか。
本当の拉致被害者を奪還できるのでしょうか。

緊迫する朝鮮半島
超法規的措置をとってでも
拉致被害者の救出作戦を実行すべきです。
そして 一部の政党・マスコミも
そのような措置(の検討)に対し、
違憲だ、戦争準備だ!などと
騒ぎ立てるべきではないと思います。

こうしている間も
理不尽に拉致された方たちは 救出を待っています。
そして、そのご家族は、容赦なく年を取ります。
有事への緊張が高まる中、被害者をいかに救うか、
我が国の決断が求められています。

Leave a comment