2012年 7月 17日

自衛隊・統合防災演習への対応

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

首都直下地震が発生した事を想定した、
自衛隊の統合防災演習が始まりました!

それに伴い 陸上自衛隊練馬駐屯地では、
直下型地震により 交通機関が使用できなくなった場合を想定し、
徒歩で 23区の各区役所に自衛隊員を派遣する訓練が行われました。

杉並区では 午後7時頃から
防災課長や経理課長をはじめ、関係部署の職員が参集し、
被害状況や災害派遣要請の有無などを 把握するために
杉並区役所にやって来る 自衛隊員に対応しました。
自衛隊さん、ありがとう!東日本大震災での災害救助風景

夜間とは言え、
昨夜はずいぶんと蒸し暑かったですね。
自衛隊の皆さん、暑い中の訓練、お疲れ様です!
また、杉並区の職員さんも 休日夜間の対応、
本当に 御苦労さまでした!

でも この訓練に対し、
ちゃんと危機管理の部署が対応し、
訓練に協力したのは 23区中 たったの7区!
残りは「休みで人がいない」等の理由で、
対応しなかったと聞きました。
中には、自衛隊員の立入りを拒む区役所もあったとか。

東日本大震災での 活動でも分かるように、
災害時、頼りになるのは やはり自衛隊です。
なぜ自治体として協力しないのか???
理解に苦しみます。

迷彩服姿の自衛隊員が役所に入ることに
抗議する市民グループがいる…と聞きましたが、
こう言った事に対する 配慮なのでしょうか。
でも、そんな事に振り回されていては、
自治体として 住民の命を守れません!

いざと言う時、日頃からの訓練が役に立ちます。
自治体は こう言った機会をとらえ、
自衛隊との連携・協力関係を築き、
積極的に 区民の生命財産を守る体制を 構築すべきです。

コメント (4)


  1. 阿修羅軍曹July 18, 2012 at 15:14:40

    …TVにて、区役所に到着した自衛隊に

    「帰れコール」

    をする一般の?方を見ました。
    あれはハト派、平和主義の評判を落とすのが目的の右翼サイドの俳優さんでしょうか?

    歩き通しだった隊員さんたちにあっては、ああいった事態に嘆くのではなく酒の肴
    にして笑ってほしいと感じます。

  1. aiJuly 20, 2012 at 15:40:51

    帰れコールをしたのは 一般区民の方ではなく、
    いわゆるプロ市民と呼ばれる方々じゃないでしょうか。

    だって一般区民の方は、
    自衛隊の訓練があったことすら知らないですよ。
    ↑これも、ちょっと寂しい気がするけど…。

    自分達の国を護ってくれる自衛隊の皆さんへ、
    素直に感謝して行きたいですね。

  1. totoJuly 23, 2012 at 12:54:27

    杉並区は職業左翼の巣窟だったりしますしいわゆるプロ市民という問題ある人も多いからそういう人たちしょう。右翼という言葉も一人歩きしたますがなりすまし右翼(街宣右翼)もいます。ニセ右翼プロ左翼とも反日的活動が好きみたいです。「帰れコール」をする方はいつも同じプロ市民です。ほとんどの杉並区民は自衛隊に感謝してると思います。

  1. 杉並区民July 24, 2012 at 02:06:01

    sankei.jp.msn.com/politics/news/120723/plc12072301070002-n1.htm

    隊員の立ち入りを認めなかったのは、千代田▽中央▽港▽新宿▽目黒 ▽世田谷▽渋谷▽中野▽杉並▽豊島▽北の11区。大半は「自衛隊から 要請がなかった」と断った理由を説明した。

    この記事はどういうことなんでしょうか。
    杉並区は自衛隊に対し非協力的なのを区民として
    残念に思う記事です。

Leave comment