2012年 7月 20日

日本の島を 日本の領土だと言う勇気

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

最近、都営地下鉄の駅や公共施設などで、
東京都が尖閣諸島の購入に向けて作ったポスターが、
貼りだされるようになりましたね。

「日本の島を日本の領土だと言う勇気がいま、問われています。」
私も昨日、都議会の先生から、
このポスターを譲って頂き、
さっそく区役所の議員控室に貼りました!

「日本の島を日本の領土だと言う勇気がいま、
 問われています。」


今回のポスターには、
このようなキャッチコピーが掲げられています。
また、コピーの下には
明治28年、尖閣諸島が国際法上 正式に
日本に編入されたこと、
尖閣諸島周辺で資源埋蔵の可能性が判明したあとに
中国が領有権を主張しはじめたこと、
そして、平成22年の中国漁船衝突事故のことが
書かれています。

短い文書の中に
これまでの尖閣諸島の歴史や
なぜ今、尖閣諸島を護らなければならないのか?
…と言うメッセージが
しっかりと盛り込まれている 良いポスターだと思いました。

東京都尖閣諸島寄附は、すでに件数93,041件、
集まった金額は13億円を超えています。(7月19日現在)
これからも 私たち国民 一人一人が、
日本の島を 日本の領土だと言う勇気を持ち続けたいですね。

コメント (2)


  1. 関西FP森本誠二July 22, 2012 at 08:05:39

    尖閣諸島は日本の領土やのに、東京都は購入する義理はないと思うで。毅然とした態度でいるのが筋やで。全国の護憲派左翼は沖縄にオスプレイ装備反対、米軍基地いらない、米軍出ていけと主張するくせに、日本の領土である竹島と尖閣諸島が他国に不法占拠されたら、出ていけと文句言わない。本当に日本を平和にしたいなら、領土が侵害されたなら、抗議の声をあげるのが筋やろ。なんでできへんねや。支那中共、韓国やったら何されても文句言わないんやな。

  1. 阿修羅軍曹July 22, 2012 at 15:18:01

    都営地下鉄は拙僧もよく利用しますがこれは未見でした! 確認せねば。
    やっとこういった題材で広報を始めましたか…快挙です。
    都営交通労組は親中か親日か、推移を見守るだけでも楽しいです。
    これは都営交通のみならず早い段階で都立高校でも貼り出し啓蒙すべきです。

    自分的に、高校でユニセフ募金(…国連機関と言いつつ、反日振りが目立つ)
    よりも尖閣募金を呼びかけ教室で資料と用紙を配布するなど冗談抜きで良いと
    考えるのですけどね。
    …真面目な話、クラスの中で軍事おたくの男子の1、2名ほどが100円くらい
    支出するのでは?

    >関西FP森本誠二様
    護憲派のダブルスタンダード馬耳東風はやはり健在です。中には

    「同じ小作農としてお仕えするのなら、アメリカより中国の方が良いのでは?」

    とお考えの、それなりに歴史眼のある論客もいるかも知れませんが、
    共産中国はアメリカよりもずっと容赦の無い厳しい地主様だと思いますよ・・・。

    理想は誰にも命綱を握られない自作農が最良ですが、それが叶わないなら
    現内閣の主要閣僚は  「カイワレ試食会」  みたいに  「オスプレイ試乗会」
    くらいは自らやって見せてほしいものです。

Leave comment