2018年 7月 03日

杉並区の安全対策

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

6月に発生した大阪北部地震により
ブロック塀が倒れ、
女児が犠牲となった痛ましい事故。
地域の皆さまからも
「杉並区は大丈夫なの??」と言う声を
たくさん いただきました。

杉並区でも全区立学校、全区立施設において
杉並区の安全対策
緊急点検を実施して、
問題があった個所に関しては、
早急に対策を取っております。

また、
道路沿いにある 一般の塀については
昭和53年に発生した 宮城県沖地震以降、
平成3年~平成5年、
平成19年~平成24年にかけて
震災救援所となる学校の 通学路を
定期的に調査し、
随時 改善してまいりました。

その結果、改善が望ましいと思われるモノは
区内全体でも 100件足らずとなっています。
そして この100件についても、
定期的に 家主の方へ改善を促し、
地域の安全の確保に 努めているところです。

いつ起こるとも分からない直下型地震。
古いブロック塀をフェンスに変えるなどの
ハード面の対策とともに、
災害時の避難経路の確認や 防災グッズの確保など
ソフト面での整備も 忘れずに行いましょうね。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment