2018年 7月 06日

平成の大事件

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

松本・地下鉄両サリン事件などで
計29人もの犠牲者を出したオウム真理教。
その教祖・麻原彰晃(本名 松本智津夫)死刑囚の
死刑執行が 今日 行われました。

また、ほかのオウム事件の関係者である
早川紀代秀死刑囚、井上嘉浩死刑囚、新実智光死刑囚、
20180706-_______________.jpg
土谷正実死刑囚、中川智正死刑囚、遠藤誠死刑囚も
刑が執行された模様です。

死刑について賛否両論はありますが、
麻原死刑囚は 取り返しのつかない事件を起こし、
多くの人の人生を狂わせてしまった。
その償いと言う意味では、
彼には 死刑のほか なかったと思います。

今、オウム事件と言っても、
知らない若者が増えていると聞きます。
でも、日本中を震撼させた あの事件を
私は忘れることが出来ません。

そして、今なお サリンの後遺症により
苦しんでおられる方がいる事も
忘れてはなりません。

結局、教祖である麻原彰晃の口から
真相が語られる事はありませんでしたが、
確定から すでに10年以上。
遺族の感情を思うと
これで ようやく一つの区切りを迎える事が
出来るのではないでしょうか。

あとは 死刑によって “麻原彰晃” が神格化され、
再び 同じような事件が起きないことを 祈ります。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment