2015年 8月 17日

戦後70年談話

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

戦後70年を迎え、
安倍総理大臣は「戦後70年談話」を発表しました。

インターネットなどでも
談話の全文が公開されていますので
ここでは省きますが、
全体として バランスのとれた
非常に考え抜かれた談話だったと思います。

特徴としては、普段あまり触れられることの無い
欧米列強の植民地についても触れ、
多くの犠牲者に対して、
国の区別なく哀惜の念を表明しています。
20150817-iecor4itz_d8.jpg

そして なによりも
この談話の内容で評価したい点は、
未来志向である事ですね。
安倍談話は明確に
子孫が謝罪を続ける宿命を拒否しました。
当然の事でありながら、
今までの談話になかった一文です。

中国や韓国に対する戦後保証問題は、
日中共同声明や日韓基本条約で
すでに解決済みの話しです。
いつまでも過去に縛られ、
謝罪し続けることは
双方の国民感情をイタズラに煽り、
けしてプラスではないでしょう。

謝罪は済んでいます。
しかし 私たちは 謙虚な気持ちで
過去の歴史と向き合うことを忘れてはなりません。
だからこそ 我が国は、
積極的な国際平和に貢献すべきです。

安倍総理の談話は、
そう言う気持ちを 自然に呼起こすものだったと思います。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment