2018年 4月 18日

本当に議論すべきは…

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

森友加計問題やら
財務官僚によるセクハラ疑惑…。
国家中継やテレビのワイドショーでは
こんな話題ばかりが 飛び込んできます。

まぁ…
それらの事柄も大切ですが、
私は 緊張感が高まる
昨今の国際情勢の方が 気になります。

例えば、
訪米中の安倍晋三首相について。
6月頃に予定されている
世紀の(?)米朝首脳会談をにらみ、
本当に議論すべきは…
核やミサイルの問題、さらには 拉致問題が
良い方向へ進展するように
日本と米国は ブレることなく
しっかりと手を携えて 挑まなくてはなりません。

また、米国のシリア攻撃。
英・仏・独は、
化学兵器を使用したとされる
アサド政権への 適切な対応とし、
米のシリア攻撃を 全面的に支持しています。
日本も「米国の行動は 事態の深刻化を防ぐための措置」
…との解釈のうえで、米国を支持する立場を示しました。
中国や韓国も 同様の見解です。

しかし ロシアは、
米による攻撃は、国際法に反する侵略行為と批判し、
米露軍の連絡体制停止を表明しました。
ロシアに同調する国も出ています。

一歩間違えれば、第三次世界大戦!
…とも なりかねない今の国際情勢。
また、一刻の猶予も許されない北朝鮮問題。
本来、国会で 時間を割いて議論すべきは、
こう言った問題について…ではないでしょうか。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment