2017年 4月 29日

子供の安全について思うこと

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

3月末、千葉県で
ベトナム国籍の女児が遺体で発見されるという
大変に痛ましい事件がありました。

しかも、逮捕されたのは
女の子が通う学校の 保護者会の会長だった男。
登校時には通学路に立ち、
子供達の安全を守るはずの人物だったのです。

地域の安全について思うこと
今までだったら
「知らない人について行ってはダメよ。」
「怪しい人を見たら、気をつけなさい。」などと
子供達に教えていたと思います。

しかし、今回のように
学校の保護者会の会長で
登下校の見守りを してくれている人。
入学式などで 祝辞を述べている人。
…となると、
どのように子供達へ伝えれば良いのか
考えてしまします。

今、各地の学校では
子供が被害者となる事件を未然に防ぐために、
防犯教室や地域安全マップの作製などに
取り組んでいます。
また、通学時間帯に重点をおいたパトロールや
警察OBのスクールサポーターを配置などをしています。

子供の安全について思うこと
子供達自身の防犯意識を高める事が、
まずは 重要となってくるでしょう。
そして、やはり地域全体での
防犯対策や地域での連携・協力体制は
ますます必要になってくるハズです。

しかし この容疑者にも
同じ年頃の子供が 二人もいたと言います。
容疑者が起こした 自分勝手な事件のせいで、
この子供達も 辛い思いをしている事でしょう。

被害者のためにも、
そして 容疑者の子供さんのためにも 真相を究明し、
二度とこのような悲惨な事件が起きないようにして
行かなければなりません。

亡くなった女の子の ご冥福をお祈り致します。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment