2016年 12月 23日

映画『シン・ゴジラ』

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今年も残すところ10日あまり。
早いものですね~。

今年一年の間で、
私がもっとも興味を持ったものの一つが、
映画『シン・ゴジラ』でした。

20161221-image.jpg
『シン・ゴジラ』の
何が面白かったかと言うと、
やたら出てくる会議のシーン!
そのシーンが すっっっごくリアルだったこと!
会議中に 役人がメモを持って来ると言うのは、
区議会でも よく見る光景です。
思わず「ある、ある!」と思ってしまいました。

また、
映画の随所から見える
日本の危機管理の危うさ。
有事の際、我が国の危機管理体制は
本当に大丈夫なのか…と考えさせられました。

そして 日本と “かの国”(アメリカ)との関係。
「戦後は続くよ、いつまでも」
…と言うセリフがありますが、
日米関係を象徴しているように聞こえました。

あと 興味深いのが、
「ヤシオリ作戦」と言うネームングでした。
これは おそらく『日本書紀』で須佐之男命が
八岐大蛇を退治するために造らせた
「八塩折之酒」(ヤシオリノサケ)に
由来するものだと思います。

このように
日本固有の世界観に立っているところも、
何だか嬉しくなっちゃう理由の一つですね。

たんなる娯楽映画。
…と 侮るなかれ。
我が国で 想定外の事案が発生した時、
日本政府はどう対応するか。世界との関係は-。
迫力あるシーンとともに、深く考えさせられる映画でした。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment