2016年 12月 16日

日露首脳会談

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の首脳会談。
安倍首相が示した
8項目の経済協力プランの具体化などのほか、
北方領土問題を含んだ平和条約交渉が
前進するかどうか…が 注目されています。

日露首脳会談
会談の結果、
まずは元島民らがビザなしで
北方領土に渡航できる「自由訪問」が
拡充する見通しとなりました。
さらに漁業、観光、医療、環境などの分野で、
広く共同経済活動を展開することで、
領土問題解決の糸口にしたい考えのようです。

やはり4島返還には、
まだまだ時間が必要ですね……。

私の父、祖父母は樺太出身。
だから 幼い頃から
よく北方領土の話しを聞いていました。
そのため 私も北方領土に対する思い入れがあり、
今回の会談には 非常に期待していましたが…。

しかし 言う間でもなく
択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島は、
我が国固有の領土です。

この会談をきっかけに
粘り強く交渉を続けて欲しいと思います。
そして、私たちも
この難題にどう取り組むべきなのか、
国民一人一人が真剣に考えるべきだと感じました。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment