2022年 9月 07日

第3回定例議会が始まります

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

9月12日から
第3回定例議会が始まります。

今回の議会は
岸本聡子区長になって 初めての議会。
新区長の口から
どのような杉並区のビジョンが聞けるのか、
とても楽しみな議会でもあります。

噂では、
長年 気候変動問題に取組まれてきたことから
「ゼロカーボンシティ」を目指すための
『気候市民会議』立ち上げや
区独自のシンクタンク『市民政策研究所』の設立を
null
お考えになっているようです。

うーん…
杉並区なのに、なんで “市民” なんでしょうね?
杉並区ならば “区民” なんですけどね。

また、
「子供の権利条約」の制定、
「パートナーシップ条例」の導入も
目指しているようです。

「子供の権利条約」については、
私は かなり慎重た立場です。
しかし、それでも制定すると言うのであれば、
子供達には “権利には、義務と責任が伴うこと” を
シッカリと教えていかなければなりませんね。

また、
「パートナーシップ条例」についても、
“制度ありき” が良いと、私は思っていません。
それよりも、
本当に困っている方の具体的な課題を
(入院中の面会や住宅の問題など)
一つ一つ解決していけるように、
まずは 当事者や関係機関などとの意見聴衆、
そして 関係機関への協力要請、
公営住宅ならば住宅条例の改正…など、
現実的にできる事に 取組んで行くことこそ、
大事だと思います。

今度の議会では、
これまで以上に 闊達に議論が出来ると思っています。
関心のある方は、ぜひ傍聴にいらして下さいね。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment