ブログ

2020 10 13

学校の安全対策について

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

先日の台風14号、
皆さま 大丈夫だったでしょうか。

伊豆諸島で土砂崩れが発生しましたが、
大きな人的被害の報告は
今のところ 確認されていません。
その事に、まずは 一安心しています。

思い起こせば、
20201013-img_2697.jpg
9月6日から7日にかけて
沖縄県・大東島地方から奄美地方を進み、
九州地方に最接近した台風10号。
この台風は 過去最強クラスと言われ、
一時は「特別警報」も準備されるほどでした。
実際に 日本に接近した際には、
予想よりも勢力が落ち
「特別警報」は発令されなかったものの、
強い風雨が続いた事は記憶に新しいトコロです。

そのような9月7日の早朝、
徳島市内の小学校では、
大雨の中 ずぶ濡れで登校している子供達の姿が
見られました。

これは 臨時休校の基準となる「大雨・暴風警報」が
午前5時過ぎに解除されたため、
小学校では30校中 15校、
中学校では15校中 6校の学校で、
通常通りの登校が実施されたからです。
バラつきがあったのは、
各学校長の判断に任されたから…だそうです。

近年、
「これまでに経験したことのない最強レベル」の
台風や大雨が発生しています。
警報解除後も 強い風雨が続く場合もあり、
もはや “警報解除 = 安全になった” とは
言えない状況となっています。

20201013-6-3.jpg
このような中にあって
「基準となる警報が解除された後の判断は、
 責任の所在も含めて 各学校(校長)に委ねる」
…と言うのでは、厳しいのではないでしょうか。

当区においては
「基準となる警報が解除された後」も
1~2時間程度は 子供対を自宅待機させ
周囲の気象状況、安全状況を確認してから
学校再開をする…など
区が 一定の方針を示し、
より確実な安全対策を講じるべき…と、
決算特別委員会の中で 提言をしました。

今後も、子供の安全を第一に、提言を行って行きます!

Leave a comment

2020 10 06

拉致被害者の奪還へ

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

決算特別委員会での
「早期の拉致問題解決に向けた区の取組みについて」

今年6月、北朝鮮に拉致された
横田めぐみさんのお父様で、
「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の前代表、
横田滋さんが お亡くなりになりました。

20201006-______.jpg
ある日 突然、我が子を拉致され、
再会を果たせないまま
旅立たれた横田さんの無念さを思うと、
胸を締め付けられる思い出です。

また、
北朝鮮に拉致された可能性が払拭できない、
いわゆる特定失踪者と呼ばれる方がいます。
今、都内の特定失踪者は46名、
その中には杉並区とかかわりの深い方が
4名も いらっしゃいます。

拉致問題は 我が国の主権にかかわる問題であり、
解決に向けて 全力で取り組むべき問題です。
特に 杉並区には、
特定失踪者と思われる方がいます。
決して他人事ではないのです。

拉致問題の全面解決無くして、日朝友好はあり得ない。
杉並区においては、
そんな強い決意をもって、拉致問題に取組んで頂きたい。

Leave a comment

2020 10 06

決算特別委員会が開かれています

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今、杉並区議会では
決算特別委員会が開かれています。

決算特別委員会とは、
令和元年度の予算が適正に執行されたかどうかを
集中審議する場です。
一問一答で行われるため 議場での質問よりも細かく、
突っ込んで質問できるのが、
決算委員会の見どころ(?)でもあります。

20201006-___________________________.jpg
昨日の質問で 私は、
「拉致問題の早期解決に向けた取組」
「マイナンバーカード、定額給付金」について
質問を行いました。

昨年度の11月頃、杉並区の
マイナンバーカードの交付枚数は 12万3,000余。
対人口比率では 21.6% ほどでした。
他の自治体と比較すると、比較的多い方です。

今後、給付金の再交付があったり、
健康保険法改正により
来年3月から 保険証として マイナンバーカードが
利用できるようになったり、
デジタル庁が開設し さまざまな行政手続きが
マイナンバーで行えるようになれ、
さらに カードの普及が向上するコトでしょう。

マイナンバーカードは、
区民の利便性の向上と
20201006-_____________________.jpg
事務の効率化を図る上で有効であり、
杉並区でも 積極的に普及に努めるべきと
私は考えています。

そのためにも、
マイナンバーに特化した 交付センターの設置など、
積極的な運用方法を検討すべき…と
杉並区に提言を行いました。

しかし、その反面、
データの安全面・品質の確保、
官民のデジタル化の推進、
そして、
システムの高度化についていけない人達へのフォロー
…など、それに伴う 課題も増えて行くでしょう。

今後の国の動向を注視し、
必要な時に、必要な対策を講じられるように
杉並区は 準備をしていて頂きたいと思います。

※マイナポイントについて、
 区では相談ブースを設けております!
 登録方法が分からない場合は、お気軽にどうぞ♪

Leave a comment

2020 9 01

第三回定例会が開催されます

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

9月9日から
第三回定例議会が始まります。

「杉並区事務手数料条例の一部を改正する条例」
「杉並区立高齢者活動支援センター 及び
ゆうゆう館条例の一部を改正する条例」…などが
20200901-______.gif
上程される予定です。

令和2年度一般会計補正予算も 組まれます。
今回の補正予算では、
新型コロナウイルス感染症対策に係る事業など、
新たな事情や緊急性等の観点から 必要な経費を計上。
主なモノとしては、
高齢者施設等において 感染者が発生した場合の
施設従事者へのPCR検査の実施。
PCR検査実施医療機関への
運営補助等 検査体制の強化…などが挙げられます。

また 感染症の影響により
中止・縮小した事業について、
金額の多寡にかかわらず 減額補正を行う事とし、
当該減額分の 一般財源に加え、
感染症対策として 新たに見込まれる
国庫支出金等による財源更生に伴う
一般財源分 相当額を
財政調整基金に積み立てる予定です。

今議会では 決算特別委員会が設置され、
令和元年度 杉並区一般会計歳入歳出決算についても
審議される予定になっています。

ぜひ傍聴にいらしてくださいね♪

Leave a comment

2020 9 01

次期 自民党総裁選

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

安倍総理大臣の辞任を受け、
先週末から「ポスト安倍」を巡った報道が
加熱していますね。

そのような中 自民党総務会では、
次期総裁の選出方法を「両院議員総会」で
決定することになりました。
20200901-____________.jpg
党員・党友による投票は 見送りとなります。

両院議員総会は
衆参国会議員と各都道府県支部連合会3人ずつ
計141人 による投票で 決定されます。
この都道府県支部連合会の 各3票については、
TOKYO自民党として
郵便投票による予備選挙(党員投票)を
行うことを決定いたしました。

予備選挙により 国民の皆様の意見を
リアルに 反映させることが可能となります。
両院議員総会で投票するTOKYO自民党代表3人は、
この投票の最高得票者に 投票いたします。

それにしても
安倍総理の 突然の辞任には驚きました。
コロナ禍対応、憲法改正や拉致問題の解決など、
志半ばで退かねばならない 安倍総理。
さぞ 口惜しい事でしょう。

しかし
安倍総理が患っている 潰瘍性大腸炎は
厚生労働省から難病に指定されていて
今現在、完治する治療法はないと言います。

そのような中、7年8ヵ月の長期にわたり
日本国の総理大臣と言う重責を担い
日々、精力的に仕事をして
20200901-honnbu.jpg
我が国の舵取りをしてこられた功績は
非常に大きいと思います。

また、難病を抱えていると
重要なポストに就くのを 自ら遠慮したり、
また 職場からポストを任せて貰えなかったり…と
そんな空気があるやにも 聞きます。

今回、安倍総理が難病を抱えながら
“日本国の首相” を 8年近くも担ったことは、
同じような難病を抱えている方々に
「病気があっても、立派に仕事が出来る」と言う
強い勇気を与えたのではないでしょうか。

次期総裁には
安倍総理 同様 強いリーダーシップをもって、
日本の誇りを取り戻せる方になって欲しいです。

Leave a comment