ご挨拶

春は桜が咲き、夏は新緑の緑、秋には色づいた紅葉が舞い落ち、
冬は光り輝く銀世界を見る事が出来ます。
日本の四季は、とても美しいですね。

我が国は世界に類を見ない、とても素晴らしい国です。
この美しい国を、素晴らしい伝統と文化を、しっかりと守り継ぎ、
そして未来の子供達へ託していきたい。
そのために、私は全力で頑張ってまいります!

2017 4 14

馬橋小学校・馬橋公園の土壌

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

暖かくなって、春を感じますね。
お花見に行かれた方も 多いのではないでしょうか。

私も井之頭公園と善福寺川緑地、
そして ウチの近所の馬橋公園へ、
桜を見に行って来ました。
桜を見ながら お弁当を広げる人、
宴会で盛り上がっているグループなど、
さくら
どこも 大変に賑わいでした!

馬橋公園に行ったとき、
ゲートボール場の植栽部の一部に
ブルーシートがかけられ、
立入禁止になっていました。
そこの一部分だけが
異質に感じた方も いらっしゃったと思います。

これは昨年、
馬橋小学校の雨水流出抑制対策工事のために
土壌調査を行ったところ、
校庭東側植栽部分の地表一か所から、
環境基準値を超える 鉛化合物が検出されました。
これを受け、
隣接する馬橋公園でも 土壌調査を行った結果、
24ヵ所から鉛が検出されたためです。

検出された鉛は ごく微量であり、
長期間にわたり 当該土壌を摂取しなければ
人体には影響のないレベルです。

現在、当該部分をシートで覆い、
立入禁止とする安全対策を講じています。
今後は アスファルト舗装や土壌改良を行うなど、
さらなる安全対策に努めてまいります!

Leave a comment

2017 4 07

教育勅語とは

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

菅官房長官は 教育勅語について、
憲法などに反することのない配慮のもとで
教材として 使用することは否定すべきではない。
しかしながら 政府として、
積極的に学校現場での活用を推奨する考えはない.
…との考えを公表しました。

これに対し
教育勅語とは
民進党や社民党からは、
「戦前回帰」「時代錯誤」といった声が
あがっています。

教育勅語 = 戦前の軍国主義
このように捉える方がいらっしゃるようです。
ですが、素直な心で 内容を読んでみると、
人が生きていく上で
ごく当たり前のこと、
大切なことを 言っているだけです。

親孝行をする、兄弟は仲良くする、
夫婦は仲むつまじく、友達は信じ合い、
慎み深く行動する、困っている人を助ける、
学問をおさめ、仕事を習い、
道徳心を身に付ける、進んで社会のために尽くす、
憲法を大切にする、法律を守る、
イザと言う時には、勇気を持って国のために行動する。

この12徳目は、
今のような 世知辛い時代だからこそ
心に止めおく事柄ではないでしょうか。

教育勅語は、
けして天皇崇拝を押し付けるための
道具ではありません。
偏見に満ちた心で読むのではなく、
素直な心で この12徳目を活かして行きましょう。

Leave a comment

2017 3 30

予算特別委員会-国際交流-

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

杉並区はいろいろな都市と交流を行っています。
そこで私は、先の予算特別委員会において、
自治体間の交流、
特に国際交流について質問しました。

杉並区は
平成2年にオーストライリア・ウィロビー市、
予算特別委員会-国際交流-
平成3年に韓国・瑞草区と友好提携を結びました。

杉並区と瑞草区は昨年12月、
友好提携25周年を迎え、
杉並区の代表団が訪韓しました。

本来ならば
瑞草区側が来るはずであったにもかかわらず、
杉並区の方が出向いた…と言う事に関しては、
他の議員が 一般質問で取り上げていたので
あまり深く触れませんでした。
しかし、
韓国大統領のさまざまな疑惑を巡り、
韓国の情勢・治安が不安定になっている中、
あえて その時期に、
杉並区側が行く必要があったのか??
…と言う思いは、私も持っています。

また、今、瑞草高校には、
いわゆる慰安婦像が設置されています。
やはり 他の議員から一般質問で
“ 瑞草高校の慰安婦像を撤去するよう、
杉並区も働きかけるべき。”との質問に、
杉並区は
“ 瑞草高校はソウル市の管轄で、
瑞草区に何か言うつもりはない。”と答弁しています。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか。

予算特別委員会-国際交流-
韓国は もっとも身近な隣国の一つです。
大切な隣国だからこそ、
表面的な友好でなく、相互理解を深め、
より確かな信頼関係を構築する事が 大切です。

私は “ 瑞草区内 ” に慰安婦像が
設置されていることに関し、
日本の立場を伝え、しっかりと不快感を
示すべきだったのではないかと思います。

その結果、
もしかしたら 一時的に交流が
途絶えるかも知れません。
しかし、これまで培ってきた信頼関係が本物ならば、
きっと乗り越える事ができ、
本当の意味で 未来志向の交流が出来るはずです。

逆に それを乗越えられない程度の関係ならば、
いっそ瑞草区との交流提携は 見直したほうが良い。
私はそう思います。

Leave a comment

2017 3 24

予算特別委員会-若年認知症対策-

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

認知症対策は、今や重要な施策の一つです。
しかし そんな中、
取組みが遅れている認知症があります。
それが 65歳以下で発症する「若年性認知症」です。

平均発症年齢は51歳前後と言われており、
予算特別委員会ー若年認知症対策ー
働き盛り、子育て世代だからこそ、
高齢者とは違うさまざまな課題があると言います。


問・若年性認知症を発症し、
 離職した人のための経済的支援は?

答・障害基礎年金、障害厚生年金などが受給可能。
 また、障害手帳取得による税控除、年金免除等がある。


問・介護保険サービスが受けられない
 39歳以下の方に対する福祉サービスはありますか?

答・障害者手帳によるサービス等が受けられます。


問・若年性認知症は認知度が低く、
 周囲の誤解や診断ミスを招くことがあります。
 正しい理解を促すために、
 パンフレット作成などを行ってはいかがですか。

予算特別委員会ー若年認知症対策ー
答・議員のご指摘の通り、正しい理解が重要です。
 29年度に向けパンフレットを作成するとともに、
 ホームページや区施設でも周知に努めます。


若年性認知症は、
まだまだ認知度が高いとは言えません。
仕事のミスが重なったり、家事が疎かになったりした時
疲れや更年期障害、ウツ病…などと誤って診断され、
治療が遅れるケースがあるとも聞きます。

私の質疑に対し、杉並区は
速やかに「若年性認知症・普及啓発パンフレット」を作成し、
正しい理解を促すように努めて下さると言います。
これからも普及啓発に努めて参ります。

Leave a comment

2017 3 24

予算特別委員会-帰宅困難者対策-

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

首都直下地震に備え、
さまざまな角度から 防災対策を施すことは
とても重要です。

杉並区でも
帰宅困難者対策を推進しています。
その一つとして、
JR4駅目となる高円寺駅に
駅前滞留者対策連絡会を設置する事となりました。

予算特別委員会 vol.2
そこで私は 予算特別委員会の場で、
この連絡会の概要を問いました。
以下、私の質問と杉並区の回答です。


問・JR高円寺駅に設置される
 駅前滞留者対策連絡会とはどんな組織ですか?

答・災害時の駅前滞留者の安全確保と混乱防止に向け、
 ルール策定や一時滞留施設での支援を行う組織。
 町会、商店街、交通事業者などに
 参加を呼び掛けています。


問・災害時、町会、商店街の役員さんは、
 震災救援所支援に行ってしまいます。
 そんな中、誰が帰宅困難者の一時滞留施設を
 運営するのですか。

答・ご指摘の通り、人的確保が課題です。
 今後は民間事業者などに、
 開設・運営の協力を求めて参ります。


問・防災・減災に向けた区の決意を伺います。

答・首都直下地震に備えるため、
 建物の耐震化・不燃化の促進、
 狭あい道路拡幅整備のほか、
 ライフライン被害や避難者予測の調査結果を防災計画に活用し、
 ソフト・ハードの両面から地域防災力向上に取組んで参ります。


高齢者や赤ちゃんを連れた女性などへの対策も必要です。
連絡会には、積極的な要支援者対策を要望して参ります。

Leave a comment