ご挨拶

春は桜が咲き、夏は新緑の緑、秋には色づいた紅葉が舞い落ち、
冬は光り輝く銀世界を見る事が出来ます。
日本の四季は、とても美しいですね。

我が国は世界に類を見ない、とても素晴らしい国です。
この美しい国を、素晴らしい伝統と文化を、しっかりと守り継ぎ、
そして未来の子供達へ託していきたい。
そのために、私は全力で頑張ってまいります!

2022 11 24

手話言語条例の陳情が採択

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

本日の保健福祉委員会で
「4陳情 第25号手話言語条例に関する陳情」が
取上げられました。

「手話言語条例」とは
「手話は言語である」と言う明確な認識のもと、
聴覚障碍者の意思疎通を行う権利を尊重し、
null
共生社会の実現を目指すことを掲げ、
その実現に向けて 自治体の施策推進などが
条文化されたものです。

今年9月には 東京都で
「東京都手話言語条例」が制定されました。
また、23区の中でしたら
各j自治体によって 詳細な表現は異なるものの
18区が制定、5区が未制定、
未制定のうち2区が検討中となっています。

平成23年に改正された障害者基本法で、
手話が言語であることが明記されました。
また、杉並区議会でも、
平成26年第四回定例議会で
『手話言語法制定を国に求める意見書』を
全会一致で採択しています。

「手話は言語である」との認識に基づき、
手話の普及と 手話が使いやすい環境整備をすすめるため
杉並区議団自民党として採択を主張。
保健福祉委員全員が賛成で、採択されました。

障害のある方も そうでない方も
すべての区民が 住み慣れた地域で
安心安全に暮らしていける杉並区とするため
早急に この条例が整備されるように働きかけて参ります。

4コメント

2022 11 24

杉並区立子ども・子育てプラザ条例の一部を改正する条例

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

本日の保健福祉委員会で
「議案第65号 
 杉並区立子ども・子育てプラザ条例の一部を改正する条例」が
上程されました。

この条例は「施設再編整備計画」に基づき、
児童館が有する機能のうち、
小学生の居場所機能は 小学校 又は その近接地に、
乳幼児親子の居場所機能は
「子ども・子育てプラザ」に
それぞれ継承、充実を図る取組を 進めるものです。
下高井戸児童館の機能を移転することに伴い、
同館を子ども・子育てプラザに転用する必要があることから、
条例改正の上程がなされました。

今回の議案については、
岸本区長が 区長選挙のおりの公約で
null
「児童館を地域ごとに配置し、
 以前と同じ数に戻すことをめざす」
…と掲げたにも関わらず、なぜ廃止するのか!?
…という疑問の声が 届いていました。
実際に、保護者を含む地域の方から
児童館存続を求める地域の声と
陳情が 議会へ提出されています。

地域の声の中には
「事業実施後の内容が未定のモノが多く、
 保護者は判断材料に困っている」
…との一文がありました。
児童館移転後の機能継承は、どうなっていくのか?
子供達の遊び場や放課後居場所は、
どのように変わってしまうのか?
その着地点のビジョンが よく見えてこない、
子供達や保護者の方に 区の考えが伝わっていない
…と言う事が、
地域や保護者の方の不安の原因ではないか…と感じました。

これまで整備されてきた
「子供子育てプラザ」を見て頂ければわかりますが、
プラザは どこも 陽当たりが良くなるように工夫され、
明るくてキレイで、
本当に「居心地の良い施設」に生まれ変わっています。
プラザへの転用は けしてマイナスではないと、
我が会派は考えています。

区は プラザ転用後のビジョンを明確に 区民に示し、
さらに丁寧な説明を尽くして、
シッカリとご理解いただけるように 尽力すべきです。
そして、その先頭に立つのが、岸本区長であると考えます。

区長からは
12月21日の地域説明会に自ら赴き、
キチンと説明する…との答弁がありました。

子供子育てプラザは 乳幼児親子の孤立を防ぎ、
親子が安心して過ごせるための施設です。
また、小学生のとっての「第三の居場所」とる
地域に愛される施設となっていくことを 期待し、
本議案には賛成といたしました。

Leave a comment

2022 11 08

第四回定例会

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

令和4年第四回杉並区議会定例会が
11月16日~12月6日までの日程で
開会されます。

今回の定例会では
一般会計補正予算第7号が上程される予定です。

null
主な補正の内容としては、
臨時交付金活用事業として
物価や高熱水道費の高騰を踏まえた保育施設や
医療機関に対する補助に要する経費に加え、
区立施設再編整備計画、指定管理者制度の
検証に要する経費。
また、都市計画整備事業について
この間行っている対話集会の総括としての
シンポジウム開催に要する経費などが
挙げられます。

【補正事業】28事業
【補正予算額】9億3,706万円


区立施設再編整備計画に基づく
児童館・ゆうゆう館に関する事業について、
一部、いったん休止する事業、
計画通り または 一部を修正して実施する事業が
区から示されました。

事業の休止や修正の内容をよく検討し、
会派として結論を出していきたいと考えています。

3コメント

2022 10 24

馬橋小学校70周年

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

先週土曜日、
馬橋小学校記念行事が行われました。

今年、馬橋小学校は
学校創立70周年を迎えました。
null
昭和27年に開校して以来、
地域に根差し、大勢の著名人を輩出し、
多くの人に愛されてきた学校であり、
私の母校です。

そして、
今は娘が通う小学校でもあります。

私が在籍していた時は
馬橋小学校創立30周年記念行事をやりました。
航空写真撮影があり、
全学年で「30」を形どった記憶があります。
それから40年が経ち、
今度は娘が70周年記念行事で
学年の子供達と一緒に歌を披露している。

親子で周年行事に参加できることを、
とても感慨深く感じました。

80年、90年と、
いつまでも愛される学校であって欲しいです。

12コメント

2022 10 04

杉並区施政90周年

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

杉並区は、
令和4年度「区制施行90周年」を迎えました。

null
そこで10月1日、
「区制施行90周年」式典を開催。
会場となった杉並公会堂には、
大勢の方が足を運んで下さいました。

杉並区は 昭和7年、
旧杉並町、旧和田堀町、旧井荻町、旧高井戸町の
4町が合併して誕生しました。
その当時は、
人口146,560人、31,583世帯だったそうです。
(現在は571,849人、326,698世帯 9月1日現在)

式典では、
現在の住みやすい杉並のまちの土台となった
内田秀五郎村長の功績の紹介や
null
昭和46年に当時の美濃部都知事が宣言した
「東京ごみ戦争」の紹介などのほか
高円寺の阿波踊りの演舞披露など
とても盛り上がった内容となりました。

10年後には、いよいよ100周年!
より 住みやすい杉並区へ向けて、
皆さまと一緒に 歩みを進めてまいります!

Leave a comment