2010年 2月 21日

安心して子供を産み育てる街・杉並区

投稿者: ai カテゴリー: 政策

保育園待機児童の解消と、24時間保育の充実

学校の空き教室、商店街の空き店舗が目立っていますよ。これらを区で借上げ改築し、保育施設にします。
働くお母さんが安心して子供を預け、社会参加できる街にします!

学校での道徳教育の充実

道徳教育に重きを置き、『知育・徳育・体育』のバランスのとれた教育を行うことにより、知識だけではなく、日本人としての健全な精神・魂を育てていきます。特に教育勅語に書かれている「父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は仲むつまじく、友達とは互いに信じあい、行動は慎み深く、他人に博愛の手を差し伸べ、学問を修め、仕事を習い、それによって知能を開き起こし、徳と才能を磨き上げ、進んで公共の利益や世間の務めに尽力し、憲法を重んじ、法律に従いなさい」の精神を学び、他人に対する思いやりを持って 社会へ貢献する子供を育てます。

不妊治療に対する 区の全面的な助成

私も不妊治療の経験がありますが、不妊治療にはとてもお金が掛かります。
心と身体、そして経済的に負担が大きい不妊治療。この治療費用の区助成を実現します。
経済的な不安をなくす事で、安心して治療に打ち込めるようにしましょう!

コメント (1)


  1. nabechalinApril 24, 2015 at 11:03:13

    教育勅語の精神を盛り込む政策、大賛成です。
    戦後GHQによって無き物にされたこういった精神を見直して、地域から日本を立て直そうとする取り組みに感銘を受けます。

    頑張ってください。ー

Leave comment