2022年 1月 12日

北朝鮮によるミサイル

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

北朝鮮から弾道ミサイルの可能性のある飛翔体が
発射されました。
これは1月5日に続く飛翔体の発射であり、
強く憤りを覚えるものです。

null
岸田総理は記者団に対し
「北朝鮮が継続してミサイルを発射していることは、
極めて遺憾」などと語りました。

しかし!
国民の命と安全が、脅かされているンです。
もはや 遺憾の意を示すだけで 済む問題ではありません!

これ以上 北朝鮮が勝手な行動を起こさないよう、
各国と連携した 経済制裁の強化が必要です。
そのうえで、ミサイルに対抗できる具体的な措置、
そのために憲法改正が必要ならば、
速やかに改憲を行い、
シッカリと国と国民を護る体制を 築くべきだと思います。

日本国憲法が出来た時代と今とでは、
我が国を取り巻く社会情勢、国際情勢が大きく違います。
憲法を改正する事は、
その時代の情勢に合致した 国家の在り方として、
必要不可欠なのではないでしょうか。

北朝鮮による弾道ミサイルの発射は、
国連安保理決議に 明確に違反します。
ましてや日本は、拉致問題と言う 人権侵害も受けています。
政府には、日本国としての 強い姿勢を見せて欲しいです。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment