2021年 12月 21日

「武蔵野市住民投票条例」否決!

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

日本人と外国人に同条件で投票資格を与える
「武蔵野市住民投票条例(案)」が
今日の本会議で 反対多数により否決されました!

この条例案は、
武蔵野市内に3カ月以上住む18歳以上の住民なら、
国籍を問わず 投票への参加を認めるとしたもの。

外国からの技能実習生などにも
日本人と同じ条件で 投票権を付与する…と言う異常さに、
null
“ 事実上の外国人地方参政権ではないのか! ”
…と言った懸念が広がり、
私もずっと心配していました!

まずは、
日本人としての誇りと
議会人としての良識をもって採択に臨んだ
武蔵野市議会の皆さまに 心から敬意を表します。

以前のブログにも書かせて頂きましたが、
投票などの 政治参加は、
我が国の未来を含めた 国民としての権利です。
外国籍の方が 日本での政治参加を希望されるのであれば、
日本に帰化するのが “筋” と言うものでしょう。

選挙公約にも掲げず、
突如として「外国人に住民投票を認める」と、
騙まし討ちのように 条例案を提出した市長の手法。
その行為は 極めて悪質で、責任は 極めて重いです。
市議会として、シッカリと責任を追及すべきです。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment