2021年 11月 25日

武蔵野市住民投票条例

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

武蔵野市の松下玲子市長は
日本人と外国人を区別せずに住民投票の投票権を与える
「武蔵野市住民投票条例(案)」を市議会に提案しました。
これにより、さまざまな波紋が広がっています。

条例案は、
留学生や技能実習生らも含めた外国人にも
日本人と同一条件で投票権を付与すると言う内容。
これは市長選挙の公約では 語っておらず、
まさに “後出しジャンケン” と言って良い状態。
不信や反発が生まれるのは、当然と言えます。

よく外国人への投票権を議論する時に、
「在日外国人は 税金を払っているンだから、
 投票権を認めるべき!」
null
…という主張を耳にします。

でも、それは少~し違うかな…と思います。

そもそも税金とは、
我々が その街で 快適に暮らしていく上で
必要な福利厚生などの行政サービスに対し、
必要な “経費” として 公平に負担するものです。
だから、外国の方も
3割負担で病院で診て貰えるし、
生活保護も受けられるワケですよね。

投票などの 政治参加は、
我が国の未来を含めた 国民としての権利です。
外国籍の方が 日本での政治参加を希望されるのであれば、
日本に帰化すればいい事だと思います。

日本のことは、
日本人が考え、日本人決める。
それが筋です。

それに参政権とは。
憲法第15条で「国民固有の権利」とあります。
外国籍の人に認めるためには、憲法改正が必要です。
憲法改正もしないままの現状、
この条例案は 断固 阻止するべきでしょう。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment