2020年 12月 09日

保健福祉委員会が開かれました

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

本日は第四回定例議会を延長し、
保健福祉委員会が開催されました。

委員会の内容は
「新型コロナウイルス感染症の区内流行状況 及び
 保健所の取組みについて」です。

20201209-0722covid19a3.jpg
夏が過ぎて以来、
落ち着きを見せていた陽性患者数は
11月になると 増加傾向が強まり、
区内でも
学校施設や病院等で クラスターが発生しています。
最近の患者発生者数は1日あたり 10名以上で
20名を超える日も出てきました。
11月20日には 1日あたりの発生者数として
過去最高となる31人となり、
予断を許さない状況にあります。

そのような背景のもと 杉並区では
補正予算(第10号)を組み、
1.入院患者受入医療機関に対する 新たな補助制度を創設。
区内基幹4病院に対し、
・院内感染対策と
 医療従事者の適正配置に必要な経費の一部を助成
・1日のうちに コロナ専用病床を利用した
 入院患者1名に対して 1万円を助成
する事となりました。

20201209-668a0f228be4b9e81f2a16e22305992b.jpg
2.検体採取を実施する医療機関に対する
新たな補助制度を創設します。
・従事者の感染等により休業等を行った期間中の
 必要経費の一部を助成
  診療所…1日につき58,000円
  病院…1診療科につき…182,000円


また、保健所の体制としては
新型コロナウイルスワクチン接種事業開始に向けた
体制の構築に取組んで行きます。
※ワクチン接種は、令和3年2月以降の予定

本格的な厳冬期を控える中、
引き続き 感染予防に取組んで行きましょう!

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment