2020年 10月 06日

決算特別委員会が開かれています

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今、杉並区議会では
決算特別委員会が開かれています。

決算特別委員会とは、
令和元年度の予算が適正に執行されたかどうかを
集中審議する場です。
一問一答で行われるため 議場での質問よりも細かく、
突っ込んで質問できるのが、
決算委員会の見どころ(?)でもあります。

20201006-___________________________.jpg
昨日の質問で 私は、
「拉致問題の早期解決に向けた取組」
「マイナンバーカード、定額給付金」について
質問を行いました。

昨年度の11月頃、杉並区の
マイナンバーカードの交付枚数は 12万3,000余。
対人口比率では 21.6% ほどでした。
他の自治体と比較すると、比較的多い方です。

今後、給付金の再交付があったり、
健康保険法改正により
来年3月から 保険証として マイナンバーカードが
利用できるようになったり、
デジタル庁が開設し さまざまな行政手続きが
マイナンバーで行えるようになれ、
さらに カードの普及が向上するコトでしょう。

マイナンバーカードは、
区民の利便性の向上と
20201006-_____________________.jpg
事務の効率化を図る上で有効であり、
杉並区でも 積極的に普及に努めるべきと
私は考えています。

そのためにも、
マイナンバーに特化した 交付センターの設置など、
積極的な運用方法を検討すべき…と
杉並区に提言を行いました。

しかし、その反面、
データの安全面・品質の確保、
官民のデジタル化の推進、
そして、
システムの高度化についていけない人達へのフォロー
…など、それに伴う 課題も増えて行くでしょう。

今後の国の動向を注視し、
必要な時に、必要な対策を講じられるように
杉並区は 準備をしていて頂きたいと思います。

※マイナポイントについて、
 区では相談ブースを設けております!
 登録方法が分からない場合は、お気軽にどうぞ♪

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment