2020年 7月 21日

あー、夏休み

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

いつもなら この時期、
小・中学校では 夏休みが始まる頃です。

ですが、今年の夏は 少し違っていますね。
新型コロナの影響で 休校が続いた事を受け、
夏休みが短くなる傾向が 多くなっています。

杉並区の小学校でも
8月1日から3週間程度と言った学校が
平均的に多いように思います。

3月からの休校の影響で
学習の遅れが著しいなか、
授業日数を確保する事は とても大切です。

でも その反面、
20200721-_______________.png
夏休みなどの長期休暇は
学校の学び以外の体験やふれあいを通し、
より豊かな人間形成をするために
必要な時間でもあります。

どちらも一長一短がありますし、
賛否両論がわかれるトコロですよね。

ただ、
娘や娘のお友達の話しを聞いていると、
休校や分散登校が明け、
通常登校がはじまったとたん
いっっっきに 濃厚な授業が始まった。
しかも、小学校1年生のうちから
毎日 毎日 宿題が出る。
週末になる頃には 子供が疲れきっていて、
金曜日の朝になると
「疲れた、学校を休みたい。」と 泣いて訴える。

ここ最近、保護者の方から
このような話しを 多く聞くようになりました。

コロナによる休校は、
大人が考えている以上に、
子供達へ 大きなストレスを与えているようです。
夏休みに 一定の日数を確保することは、
子供達の心と身体に、
ゆとりと休養をもたらすのでは ないでしょうか。

もちろん福祉的な支援が必要で、
長期休暇には 配慮が必要なご家庭もあります。
また、地域特性なども、関係して来るでしょう。

コロナ禍は、長期休暇の意義について
改めて考える機会になりそうです。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment