2020年 7月 07日

九州豪雨、136万人に避難指示

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

九州北部地方では 梅雨前線が停滞した影響で
非常に激しい雨が降り続いています。

7日正午現在、
福岡県や長崎県、熊本県など5県で
計約136万人に避難指示が出されました。
4日の豪雨では
熊本県で49人の死亡が確認されました。
また、熊本、鹿児島県では、
未だに行方不明者がいる模様です。

20200707-https___imgix-proxy_n8s_jp_dsxmzo6118617006072020000001-2.jpg
最近の梅雨は
“しとしと降る梅雨” では、ありません。
南国のスコールのような猛烈な雨です。
雨が小雨になっても、
これまでの大量の雨で 地盤が緩み、
土砂災害に繋がる危険性もあります。
適時、正確な情報を得て、
何よりも 命を守る行動をとって下さい。

そのような中、一つ明るいニュースが。
冠水した福岡県大牟田地区において、
生後2か月が決の赤ちゃんが
自衛隊員の手により 救出されました!

生後2か月と言えば、
まだ 完全に首が座ってないころ。
そんな小さな子を抱え、冠水で取り残され、
どんなにか不安だったでしょう。
赤ちゃんも 赤ちゃんのご家族も、本当に良かった!

自衛隊の皆さん、
いつも自らの危険を顧みず、
国と国民のために働いて下さって
本当にありがとうございます!!

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment