2019年 12月 09日

定例会が終りました

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

12月6日で、
杉並区議会第四回定例議会が閉会しました。

今議会では
「天皇陛下御即位賀詞決議」が出されました。

令和元年5月1日、
日本国憲法 及び 皇室典範 特例法の
20191209-________________________.jpg
定めるところにより
今上陛下が 皇位を継承されました。

この事を受け、
5月9日、衆議院本会議において、
5月15日、参議院本会議において、
「天皇陛下御即位を慶祝する賀詞」が、
我が自由民主党をはじめ、
公明党、立憲民主党などの 全会一致で議決されました。
平成の御代替りの際、
賀詞に反対した共産党も 今回は賛成したとの事で、
新帝陛下の御即位直後に賀詞を議決するのは、
憲政史上初めてのことと 言うことです。

また、地方地自体においても、
相次いで 天皇陛下御即位に関する
賀詞決議が出されています。

20191209-______.jpg
東京23区では、11月末の時点で
新宿区、江東区、荒川区 以外の区で、
賀詞決議が出されています。
そして 杉並区では、
区民から陳情が提出され、
総務財政委員会での採択を経て、
議員提出議案として 賀詞決議が出されました。

思い起こせば
御皇室と杉並区の関係は深く、
平成12年には 社会福祉法人「聖友ホーム」を、
平成16年には 社会福祉法人「済美職業実習所」を、
翌17年には 社会福祉法人「浴風会」を
上皇・上皇后陛下がご訪問されました。

また、
今上陛下の皇太子時代には 雅子妃殿下とともに
平成28年社会福祉法人「浴風会」へ 足をお運びになり、
そこに集った一人ひとりと 親しく言葉を交わされました。
20191209-____________.jpg
杉並区民として 本当にありがたく、
深く感謝申し上げる次第です。

上皇陛下、今上陛下におかれましては、
いかなるときも 国民と苦楽を共にされ、
常に 国民に寄り添って来られました。
そして、国家の安寧と世界の平和を 祈り続けて来られました。

このような陛下のお姿に、
多くの国民が感謝し、時に 励まされて来ました。
各級議会において こぞって賀詞決議が出されているのも、
このような陛下のお姿を拝し、
国民の “奉祝に対する機運が 高まった事によるもの” と
確信しております。

世界に類を見ない 悠久の歴史を持つ御皇室、
そして、日本の伝統文化を
次の世代へ受け継いでいく意味でも、
区民の皆様とともに
私達区議会としても 奉祝の意を表したいと思います。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment