2019年 11月 01日

首里城・大規模火災

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

昨日、沖縄県那覇市にある
世界遺産の首里城で起きた 大規模な火災。
正殿を含む3棟が全焼、
7つの建造物が燃えてしまいました。

正殿には
20191101-_____________________.jpg
琉球王国時代から伝わる 絵画や漆器、
染織物などが収蔵されていましたが、
この火災によって
焼失してしまった可能性が高いようです。

首里城と言えば、沖縄のシンボル的存在。
沖縄に行くなら、
まずは 訪れる場所ではないでしょうか。
それが このような事になるなんて…。
TVの映像を見ながら、言葉もありませんでした。

首里城では、
年に一回以上は 消火訓練が行われていました。
また、ドレンチャーと言う 水のカーテンのような
特別な消火設備も整備されていたそうです。

それでも、
このような火災を防げなかったことは、
“残念” と言う言葉を通り越して “無念” です!
私でも ショックなのだから、
沖縄県民の方たちの喪失感は 計り知れません。

今日から 実況見分等が始まり、
出火原因について 本格的に調査するようです。
ぜひとも シッカリと原因究明を行い、
再発防止策を講じて欲しいと思います。

そして、どうか再建して欲しいです!!

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment