2019年 8月 15日

終戦の日

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今日、8月15日は
令和の御代になって はじめての終戦の日。
私も仲間の議員とともに、
靖国神社へ参拝に行って参りました。

そもそも靖国神社とは。
国家のために
靖国神社
尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、
その事績を 永く後世に伝えることを目的に、
明治2年、明治天皇の思し召しによって
建てられた 招魂社(しょうこんしゃ)が
はじまりです。

戊辰戦争や西南戦争など 国内の戦い、
明治維新のために命を落とされた方々、
さらには 日清・日露戦争、第一次世界大戦、
満洲・支那事変、大東亜戦争などの
対外事変や戦争に際し、
国家防衛のために
尊い命を捧げられた方々の 神霊が祀られており、
その数は 246万6千余柱に及びます。

その中には 軍人ばかりでなく、
従軍看護婦や女学生、
学徒動員中に亡くなられた学徒さんなども
含まれていると 聞きました。

つまり、
今日の日本の平和と繁栄は、
自民党杉並総支部から
このような先人達の 献身があったからこそ、
築くことが出来たのです。

私たちは、
その事を決して忘れてはなりません。

今日、靖国神社を訪れた方々は、
国のために 命を捧げた先人に対し、
感謝と哀悼の誠を捧げ、
世界の平和のために 参拝されています。
どうか 世界が安寧の世へとなりますように…と。

そして、
このような私達の願いが
平成の御代に実現できなかった
天皇、皇后両陛下の 靖国神社への行幸啓への道に、
天皇、皇后両陛下が 心置きなく御親拝できる環境へと
繋がりますように…。

どうか皆様も
改めて今日一日、
英霊への感謝を胸に お過ごし下さいね。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment