2019年 7月 25日

幼児教育・保育無償化に関する区の対応

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

「子ども・子育て支援法」の改正に伴う
幼児教育・保育無償化について
杉並区の方針が決まりましたので、ご報告します!(本年10月1日実施)

20190725-hoikuen.gif
1.認可保育所
 ・3歳児~5歳児
  国の方針通り、利用料無償化
  食材料費は、当面 公費で負担
 ・0歳~2歳児
  国の方針通り、利用料等を無償化
  非課税世帯以外の 多子世帯への負担軽減について
  対象を拡大し(第2子を半額、第3子を無償化)
  区独自に実施

2.区立子供園
 ・3歳児~5歳児
  国の方針通り、利用料無償化
  食材料費は、現行同様に保護者の実費負担

3.私立幼稚園(新制度園)
 ・3歳児~5歳児
  国の方針通り、利用料無償化
  ・食材料費は、現行同様に保護者の実費負担
  ・入園料は、現行の補助制度を存置

4.私立幼稚園(未移行園)
 ・3歳児~5歳児
  国の方針通り、利用料を無償化
  ・ただし、各園の利用料実態等をふまえ、
   上限月額(31,000円)を 区独自に設定。
  ・現行補助制度を踏まえ
   多子世帯等に対する上限月額を
   区独自に設定。
  ・食材料費は、現行同様に保護者の実費負担
 
20190725-_________.png 
・入園料は、現行の補助制度を存置

5.認可外保育施設
   国の方針を踏まえ、
   区条例により 対象を限定して利用料無償化。
   3~5歳児 月額37,000円上限
   0~2歳児 月額42,000円上限
  ・国の基準を満たさない施設も
   経過措置(5年間)は 無償化対象。
  ・多子世帯等に対する上限月額を
   区独自に設定。

6.一時預かり等
   国の方針通り、利用料等を無償化
  (幼稚園・認可外保育施設の在籍園児等で
   保育の必要性の認定が必要)

7.障害児通所施設等
   ・3歳児~5歳児
    国の方針通り、利用料無償化
   ・0歳~2歳児
    非課税世帯
   ・食材料費は、現行同様に保護者の実費負担

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment