2019年 5月 30日

子供達の登下校時 安全確保について

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

5月28日、川崎市において、
スクールバスを待っていた小学生ら19人が
見知らぬ男に 次々と刺され、
小学6年生の女児を含む二名の尊い命が奪われるという
20190530-_________.jpg
大変に痛ましい事件が発生しました。

襲われた子供達や保護者の方は、
どんなに怖かったでしょう。
どんなに痛かったでしょう。
そして、命を奪われたお二人は、
どんなに無念だったでしょう……。

それを思うと、言葉が見つかりません。

犠牲になられた方のご冥福と
負傷された関係者の 一日も早いご回復を
心からお祈りするばかりです。

一部の報道では、
今回のように 何の前触れもなく、
無関係な人を襲う 通り魔的な事件では、
確実な防止策を講じること自体、
現実的に難しい…とも 言われております。

しかし、この許しがたい凶悪事件に対し、
29日、政府は関係者閣僚会議を開き、
省庁横断的な 安全対策の検討がなされました。
20190530-article_art001822_2.jpg
そして 杉並区も、
区民の生命・財産を護るべき対策を
早急に検討し、講じる事は、
基礎自治体の責務として 当然に求められます。

私たち 杉並区議会自由民主党は、
杉並区長 並びに 杉並区教育長に対し、
「杉並区内における 全小中学生の
 登下校時の安全確保に関する要望書」を提出し、
このような痛ましい事件を
未然に防ぐための取組みを 早急に検討し、
目に見えるカタチで 実行されることを 強く求めました。

このような惨事が、もう二度と起きませんように…。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment