2019年 5月 21日

女性天皇と女系天皇

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

女性天皇と女系天皇。
一見、同じように思われがちですよね。
意外と 分かりにくいこの二つ、
いったい どう言ったものなのでしょうか。

まず、今の状況は。
初代 神武天皇から
126代の今上陛下まで
例外なく 父方の系統に天皇を持つ
「男系」が 皇位を継承されています。
皇室典範の中でも
「皇位は、皇統に属する男系の男子がこれを継承する」
このように明記されています。

20190521-imperial_palace.jpg
この「男系」とは、
「父親の父親の…」というように
“父親だけ” を遡っていくと
初代にたどり着く事が 出来る事を言うンです。

では、女性天皇とは。
実は 我が国の歴史の中には、
女性天皇は 存在していらっしゃいます。
次期天皇が なかなか決まらないから…とか、
お世継ぎ候補が まだ幼少であるから…とか、
そのような理由から
過去8人(10代)もの方が 即位されました。
“中継ぎ” の意味が大きかったようですね。

また、8名の女性天皇全員が
“未亡人” か “生涯独身” を通されたとか。
女系の皇子・皇女を お産みにならないために、
“ご懐妊の禁止の法”を 遵守された…と
言われています。

奈良時代や江戸時代、
確かに 女性天皇は存在しました。
いずれも「男系」であって、
母方が天皇の血筋を引く「女系天皇」ではありません。

一方、女系天皇は…。
例えば 皇女が いずれ即位され、
天皇陛下となったとします。
そして、民間の方(仮に、夫君を 山田さん)と
結婚なさったとします。
20190521-____________.jpg
女性天皇と夫・山田さんの間に お子様が誕生し、
いずれ そのお子様が天皇陛下へ即位された場合、
その時点で 今の天皇家はなくなり、
新たな “山田王朝” が 天皇家となるのです。

また、血筋的に見ても、
母方をさかのぼっていく事になるので、
神武天皇からの血筋は どこにもありません。

つまり「女性天皇」は性別の問題であり、
「女系天皇」は血筋の問題とされ、
必ずしも性別に限った話ではないのです。

これまでも
皇位継承の危機は 幾度もありました。
そのたびに先人達は、知恵と努力を重ねました。
その結果、世界に類を見ない「万世一系」の天皇が
今日まで続いてきたのです。

私たちは この重みを、
しっかりと噛みしめるべきだと思います。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment