2018年 11月 26日

保健福祉委員会が開かれました

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

11月16日から
今年最後の定例議会が始まっております。
そして今日は 私が所属する
保健福祉委員会が開かれました。

今回上程された議案は
議案第64号
杉並区立子ども・子育てプラザ条例の一部を改正する条例
20181126-kodomo.jpg
議員提出議案第2号
杉並区国民健康保険条例の一部を改正する条例
…の2本です。

議案64号の条例改正は、
下井草児童館の再編により
「子ども・子育てプラザ下井草」へ整備と、
それに関連する規則の変更…と言う内容です。

委員会での質疑を通し、
今まで児童館を利用していた小学生達は、
段階的に移転する学童クラブの活用や
このたびスタートする
桃5小学校での
「放課後居場所事業」を利用することができ、
学校が終わった後も 安全に遊んだり、
宿題をやったりする場所が 確保されている…と、
確認できました。

また、プラザ下井草において、
一時預かりをしない理由については、
近くに「ひととき保育 八成」や中瀬保育園があり、
すでに これらの施設が一時預かりを行っており、
井草地域の一時預かりの需要を
ほぼカバーできている…と理解しました。

20181126-syukudai.jpg
しかし、この施設は
ゆうゆう館や保育園が併設されています。
改修工事が始まれば、
少なからず騒音や粉塵などが発生するでしょう。
保育園の子供達や ゆうゆう館の利用者が、
出来るだけ落ち着いた環境の中で、
ゆったりと過ごせるよう 強く配慮を求めるものです。

「子ども・子育てプラザ下井草」が、
素晴らしい地域の子育て支援の拠点となる事を期待し、
杉並区議会自民党として 議案に賛成しました。

また、議員提出議案については、
多子世帯の負担軽減、子育て支援…と言う意味では
議案の主旨に賛同するものです。

しかしながら、
23区では統一保険料方式をとっているため、
杉並区だけが単独で行うべき案件ではなく、
制度改正については、
今後も国や都へ要望していく事が
現実的とかんがえます。
よって、会派として反対をしました。

「区民にとって 何が一番良いか」を念頭に、
今後も 議会審議を進めてまいります!

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment