2018年 10月 18日

決算特別委員会報告

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

決算特別委員会の中で、
私が質問した内容についてご報告します。

まずは、
「り災証明書」についてです。

今年は災害の多く 報道などでは
たびたび「り災証明書」と言う言葉を耳にしました。
20181017-____________.jpg
しかし、その具体的な内容については
意外と知られていないように感じます。
そこで質問しました。


質「り災証明書」とは、どのような書類か。
答「り災証明書」とは、
 大雨、強風、地震等の自然災害により、 
 家屋等が破損・倒壊した場合に、
 その被害の度合いを証明するもので、
 保険請求や行政の生活復旧支援を受けるために
 必要です。

質「り災証明」の発行手順を教えて下さい
答 ①区に調査依頼。 
 ②自治体の調査委員が被害状況を調査。 
 ③区に対し、り災証明の交付申請 
 ④り災証明交付

質 写真などで被災状況の記録が残せない場合は、
 どうすれば良いですか。
20181017-______.jpg
答 記録がない場合、
 被災者からのヒアリングや隣接構造物の状況などから、
 総合的に判断します。

質 「り災証明書」は、
 被災後の迅速な生活再建に必要。
 区民への幅広い周知を行うべきと考えるが、いかがか。
答 その通りです。
 毎年の総合震災訓練や地域防災会へ周知を図るなど、
 今後も工夫をして参ります。


被災後の生活再建のために、欠かせないり災証明書。
イザ!と言う時、速やかに対応できるように、
これからも 区民への周知を働きかけて参ります。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment