2018年 9月 07日

北海道胆振東部地震

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

6日午前3時8分ごろ、
北海道 胆振地方を震源とする
地震被害が 少しづつ分かってきました。

まず、震度についてです。
胆振管内厚真町で震度7、
同管内安平町などで震度6強を観測しました。
北海道胆振東部地震
道内で震度7が観測されたのは初めてのこと。

また、今日の午前中の時点で 政府は、
亡くなった方が16人、
厚真町を中心に 26人が安否不明だと
発表しました。
道内のほぼ全域で発生した大規模停電については、
全体の半分の140万戸ですでに解消しています。

気象台は
「今後1週間は 最大震度6強程度の余震」が
起こる可能性があるとともに、
今日の昼から予想されている 大雨の影響で、
土砂災害にも 警戒するよう呼び掛けています。

また、停電の復旧時に起きる
「通電火災」にも注意が必要です。
地震で電気機器の配線が傷ついていると、
通電時に火花が飛び散って
火事になってしまうことがあります。
自宅を離れるときは、
必ず ブレーカーを落とすようにしましょう。

これ以上被害が広がらないように、祈るばかりです。
被災された方に、心からお見舞い申し上げます。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment