2018年 8月 21日

第二回臨時議会~杉並区肺がん検診外部検証等委員会条例~

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今日と明日、第二回臨時議会が開かれます。

今年の6月、
区内医療機関で行っている
杉並区がん検診において、
肺がんの「見落とし」と言う
あってはならない事案が発生し、
区内在住の40代の女性が お亡くなりになりました。

40代と言う若さで亡くなられた方の無念を思うと、
20180821-_______________.jpg
本当に言葉がありません。
今回 起きてしまった事案を重く受け止め、
区は抜本的対策を講じ、
再発防止に努めるために
外部の学識経験者(4名)による
検証委員会を設置することとなりました。

今回の臨時議会では、
検証委員会設置のための議案
「杉並区肺がん検診 外部検証等委員会条例」が
保健福祉委員会に上程されました。
また、検証委員会にかかる諸経費が
補正予算として計上され、総務財政委員会で審議されました。

今回の事案を受けて
「杉並区がん検診 精度管理連絡会」での
在り方を見直すだけでなく、
外部の学識経験者で構成する
外部検証委員会を設置することは、
今回の事案の原因究明だけでなく、
これまでの区がん検診が抱えている課題を
見直す事にもつながると考えられます。

しかしながら 今回の事案については、
原因は一つではないと考えています。
20180821-_________.jpg
いろいろな機関の
ほんの少しの 些細なほころびが重なり、
今回の不幸な結果を招いてしまったと思います。

亡くなった方は まさに命をかけて
私たちに その事を教えて下さいました。
だからこそ 関係機関が密に連携し、
「区民の命を守るんだ」と 言う自覚と責任、誇りをもって
区民検診に取組んで頂きたいと思います。

亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、
二度と このような事が起きないことを強く要望し、
私は 保健福祉委員会で賛成をいたしました。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment