2018年 4月 09日

東京2020大会にむけ青梅市の取組み

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

先日、文化芸術・スポーツに関する特別委員会で
青梅市へ視察に行って参りました!

視察内容は、
東京2020オリンピック・パラリンピック大会における
ホストタウンの取組みについてです。

ホストタウンとは、
東京2020大会にむけ青梅市の取組み
東京2020大会開催に向けて、
スポーツ立国、グローバル化の推進、
地域の活性化、観光振興等に資する観点から、
参加国、参加地域との人的・経済的・文化的な
相互交流を図る地方公共団体を
「ホストタウン」として登録し、
全国各地に広げていこうとするものです。

そして青梅市は 平成28年6月に
ドイツ連邦共和国のホストタウンに
決定しています!

そもそも青梅市は、
ドイツ・ボッパルト市と姉妹都市として
半世紀にわたる 交流の実績がありました。
青梅市の方は
「子供の頃から ボッパルト市を知っていた。」
「青梅とボッパルトは、古いんだよ~。」など、
ボッパルト市との交流は
シッカリと市民の間に根付いていて、
市民の間から 自然な流れとして
ドイツのホストタウンに名乗りを上げた。
御岳渓谷でのカヌースラローム競技
そんな印象を受けました。

青梅市には 御岳渓谷があり、
国内でもトップレベルの
カヌースラローム競技、練習環境を有しています。
東京2020大会でも
ドイツのカヌースラロームチームのキャンプ誘致を
積極的に働きかけて行くそうです。

杉並区は
韓国・瑞草区、オーストラリア・ウィロビー市と
友好都市提携をしています。
しかし、区民の間に それが浸透しているかと言えば、
甚だ疑問ですね。
↑知らない方のほうが多いですね。(^-^;

まずは、区民の方に 友好都市を知って頂く。
そして、自然な区民感情として
「ホストタウンとして、友好都市を招きたい!」と
思って頂けるように 相互理解のもと、
友好都市と 良好な関係を構築していく事が
大切だと感じました。

青梅市での視察内容を
杉並区でも活かして参りたいと思います。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment