2018年 1月 18日

最近、良く見かける…

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

最近、高円寺や阿佐ヶ谷でも
大きなアタッシュケースを引きながら歩く
外国人の姿を よく目にしますね。
おそらく外国からの観光客の方でしょう。

外国人観光客の増加に伴い、
『民泊』が注目されるようになりました。

20180118-yjimage.jpg
『住宅宿泊事業法(以下、民泊新法)』は
今年6月15日から いよいよ施行されます。

杉並区でも
住宅の空き部屋を宿泊施設として活用する
“民泊” に関する条例制定をするために、
昨年から1月初旬にかけて
パブリックコメントを募集。
2月から始まる第一回定例議会に議案を上程し、
3月中旬の条例制定に向け、
今まさに最終段階の準備をしています。

民泊の条例をキチンと整備する事により、
より積極的に外国人観光客を取り込み、
地域振興につなげたい考えです。

しかし、区内の8割以上が住宅地の杉並区。
治安や騒音、ゴミの出し方などを巡り、
トラブルが起きないか…と、心配する声を耳にします。
住宅都市・杉並ならば、当然の心配だと思います。

杉並区は、
羽田空港を抱える大田区のような都市とは違います。
民泊をスタートするにしても、
杉並区の地域特性に合ったルールを決め、
運用することが大切です。
そして、高円寺や阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪と言った
ちょっとマニアックで個性的な街の魅力を引き出し、
地域の資源にしなければなりません。

地域振興と安心安全な住宅都市の維持。
皆様の意見を反映させながら、
より良い条例を築いていきたいと思っています。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment