2017年 11月 29日

大阪市の英断!

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

アメリカ・サンフランシスコ市の
エドウィン・リー市長は、
在米中国系民間団体が設置した慰安婦像の寄贈を
受け入れる決議案に 署名しました。

この事を受け、
サンフランシスコ市と姉妹都市である
大阪市の英断!
大阪市の吉村洋文市長は
「サンフランシスコ市の意思として
 慰安婦像の受け入れを 確定させることは、
 大変遺憾だ。」とのコメントを発表。
その上で、両市の信頼関係はなくなったとし、
姉妹都市解消の手続きに入り、
12月中に完了させる意向を 表明しました。

私は、
吉村市長の英断を 強く強く支持します。

姉妹都市や友好都市は
お互いの信頼関係があって 初めて成立するものです。
その根幹にあるべきはずの信頼関係が
著しく崩れてしまったのであれば、
もはや 姉妹都市は維持できません。
そもそも 日本の名誉を 貶めようとしている都市と
姉妹都市を続ける理由なんて 1ミリもありません。

慰安婦については、
すでに朝日新聞が 慰安婦の記事が捏造だと認めました。
いわゆる従軍慰安婦は、事実ではないのです。
にもかかわらず 像の設置を黙認してしまったら、
大阪市の英断!
日本は それを “事実” と認めた事になってしまいます。

杉並区でも、韓国ソウル市瑞草区と、
友好提携を結んでいます。
その瑞草区にある瑞草高校には、
慰安婦の像が建てられています。

過去、私は 議会質問の中で、
「瑞草高校に慰安婦の像に対し、
 杉並区は不快感を示すべき!
 場合によっては、友好都市解消も検討すべき!」
…と訴えて来ました。
その時の区答弁は「草の根の交流を通し、相互理解を深め…」
…と言った、非常に眠たいものでした。

大阪市の決断は、
少なからず他自治体へも影響するでしょう。
この動きが、全国へ広がっていく事を期待しています。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment