2017年 9月 21日

一般質問を行いいました!

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

ただいま 第三回定例議会、開会中!
私は先日、一般質問を行いました。

一般質問を行いいました!
内容は以下の通りです。
①杉並区の危機管理体制について
②生活保護世帯の中学3年生への塾代助成について
③杉並区における環境美化について

今日は
「杉並区の危機管理体制について」の内容を
ご紹介させて頂きます。

北朝鮮から発射された 中距離弾道ミサイルは、
北海道上空を通過して
襟裳岬東方 約1180キロに落下しました。
このような北朝鮮の非人道的な行動に対しては
強い怒りと恐怖を覚えると同時に、
私達は 日本の将来と 国民の安全を見据え、
自国の国防について
真剣に考える時期に来ている…と 痛感させられました。

問。このような事態が発生した時、
 一番 大切な事は、やはり正確な情報を得ること。
 今後、このような緊急事態が発生時、
 杉並区は情報収集のため、
一般質問を行いいました!
 どのように努められるのか 確認します。

答。情報収集は何よりも重要と考える。
 区は 休日夜間警戒態勢本部の体制により、
 24時間365日 危機情報の収集をい行っている。
 関東地方に向けた
 ミサイル発射の伝達があった場合には、
 国の武力攻撃の事態認定を待つことなく、
 正確な情報収集と 区民への情報提供、
 デマなどによる混乱防止を図ってまいります。
 
問。ミサイル飛来を想定した
 住民避難訓練を行う計画はあるのか。

答。ミサイルの場合には
 警報から着弾までに 暇がないことから
 その場に応じて 自ら判断し、
 身を護る行動が 最も重要と考える。
 必要に応じ、震災救援所での訓練が
 より実践的になるよう 支援していく。
 また、状況に応じ、的確に判断していく。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment