2017年 8月 29日

北朝鮮ミサイル発射

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

早朝、北朝鮮のミサイルが発射され、
北海道上空を通過して
襟裳岬東方約1180キロの太平洋上に落下しました。

大きな被害は なかったですが、
北朝鮮ミサイル発射
北朝鮮によるミサイルの脅威が
現実のものとなって 突き付けられました。

にもかかわらず、
政府のコメントは「遺憾」の一言。
こんなことで、
本当に自国を護れるのでしょうか。

確かに 今の憲法下で
隣国からのミサイルを 迎撃したら、
一部から「憲法違反」と騒がれる可能性があり、
簡単には出来ないのでしょう。

しかし、
国内でそのような事を議論している間に、
隣国の脅威は どんどん高まってきています。
戦争なんて、誰もが嫌ですし 反対です。
それでも否応なしに、
戦争に巻き込まれる事態が 有りうるンだ…と感じました。
その時に騒いだって、もう手遅れですよね。

今こそ我が国は
我が国の将来と国民の安全を見据えて、
真剣に国防を考える時期に来ていると思います。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment