2017年 7月 27日

衆参両院予算委員会では閉会中審査

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

24日、25日の二日間、
衆参両院予算委員会では閉会中審査が行われ、
学校法人「加計学園」の獣医学部新設について、
取り上げられました。

テレビでもやっていたので、
ご覧になった方も多いと思います。

衆参両院予算委員会では閉会中審査
皆さん、どのように感じましたか??

「加計ありき」を主張する
前川喜平 前文部科学事務次官。
しかし、加戸守行 前愛媛県知事をはじめ、
多くの参考人からは
前川氏の証言を崩す発言が相次いだように
私は感じました。

しかし、一部のワイドショーや新聞は、
このことを完全にスルー。
非常に一方的な報道を繰り広げています。

そもそも 前川氏が最初に主張していた
「9月5日に 和泉補佐官に呼び出され、
“ 総理のご意向 ”と言われた」と言う内容。
しかし 9月5日、
和泉補佐官は安倍総理と一緒にラオスに出張中。
和泉補佐官が 前川氏を呼び出すことは
物理的に不可能です。

そして 前川氏が慌てて
“ 記憶違い ” と 訂正した9月9日は、
北朝鮮の核実験が行われた日です。
官邸&和泉補佐官は、
その対応のため 終日 忙殺されていたはずです。

衆参両院予算委員会では閉会中審査
前川氏の記憶は かなり曖昧であり、
証言の信ぴょう性は低く、
証言を鵜呑みにすることは
かなり危険だと 言わざるを得ません。

にもかかわらず 一部の新聞は、
このような事実を 全く取り上げません。
作為的な偏向報道、印象操作を
強く感じてしまいます。

また、情報バラエティと称したテレビも
中立性を無視し、
一方的見解を流し続けています。
電波法に違反しないのでしょうか。

大型自然災害に対し、いかに国民を守るか。
核、ミサイル、領海領空侵犯やテロへの対応、
新型ウィルスへの備え…etc と、
我が国が抱える課題は 山積しています。

閉会中審査を行うならば、
本当に国益にかなった議論をして欲しいと 強く感じます。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment