2017年 5月 16日

最近の国際情勢

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

すっかり更新が滞っておりました!
今日は久々のH.P.更新です!

今年に入って
世界のリーダーが次々に代わっていますね。
5月初め、フランスの大統領選挙があり、
エマニュエル・マクロン氏が
史上最年少で大統領に当選しました。

そして、つい先日は
韓国大統領選挙が行われ、
反米・親北朝鮮を掲げている
文在寅氏が当選を果たしました。

最近の国際情勢
さて、日本に大きく影響があると言えば、
やはり韓国の大統領のほうでしょうか。

新大統領の文氏は
従軍慰安婦問題の日韓合意に関して、
「再協議が必要」という姿勢を取っています。
また、超親北朝鮮派であり、
現在 閉鎖されている 開城工業団地の再開を
行う予定とも言われています。

はっきり言って、
我が国との関係が悪くなる事はあっても、
良くなることは考えにくい状況です。

しかし、
例えば 日韓慰安婦合意の合意は、
一度、決まった国同士の合意です。
しかも、最終的、不可逆的解決という
文言まであります。
政権が変わったからと言って、
今さら我が国が
再交渉に応じる理由も必要もありません。

20170516-yjimage.jpg
また 文氏は、
北朝鮮がミサイルを打った時に迎撃できる
THAAD配備に 非常に慎重な態度をとっており、
核開発にたいし 国際社会が結束する中においては、
浮いた存在になる可能性があります。

韓国が抱える課題は、
経済の立直し、10%近い若者の失業率、
雇用問題、財閥改革、北朝鮮関連問題、
慰安婦に関する日韓合意…etc など、
山積しています。

今後、新大統領は
どのような政権運営を行って行くのでしょうか。

韓国の大統領は
朴槿恵氏を含めて11人を数えるが
その多くが亡命・失脚・死刑・懲役刑・自殺など
不幸な末路をたどっています。

四年後の任期満了時には
ぜひとも 日韓関係が改善され、
晴れやかな表情の文在寅氏が 見たいものです。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment