2016年 11月 30日

保健福祉委員会が開会されました!

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

ただ今、第四回定例議会の真っ最中です!
先週金曜日には、
私が所属する保健福祉委員会が開会されました。

昨今の杉並区の最重点課題の一つと言えば、
やはり待機児童解消、保育園整備の促進。

保健福祉委員会が開会されました!
今回の保健福祉委員会も、
区立保育園の指定管理者についての議案のほか、
保育所整備に関する陳情、報告が目白押しでした。

杉並区は
区立保育園の民営化を進めています。
なぜならば 区立園の民営化を図る事で、
国や東京都からの補助が受けられ、
年間の経費にすると
一人当たり約112万の削減効果があるからです。

もちろん 本来なら 教育や保育に関する事を、
お金で図るのは ふさわしくないでしょう。

しかしながら
保育にかかる経費は年々増え続け、
23年度の決算額で約78億であったものが、
27年度では約148億と 約2倍に急増しています。
一般会計で言えば
23年度には5%だったものが、
27年度には8.8%となり、
保育園民営化について
28年度には10%を超える見込みとなっています。

限られた財源の中で 保育が占めるこの数字は、
もはや看過できる規模ではありません。

保育関連経費が区財政を圧迫している中、
区財政を持続可能なモノにするためには、
どうしても国や東京都の補助スキームを活用する事が
求められているのです。

しかし 保育園の民営化には、
不安を感じている保護者がいることも事実です。
保護者や地域の納得が得られるよう丁寧に進め、
これまで以上の “保育の質” を確保できるよう
議会として 区に働きかけて参ります。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment