2016年 11月 07日

制服の想い出

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

皆さん、制服にはどんな想い出がありますか。

学生時代の友達との想い出や、
憧れの先輩の第2ボタンを貰った 甘酸っぱい想い出…。
今となっては、良い想い出ですよねえ~。

制服
でも 杉並区の中学校は、
23区に比べて、制服の学校が少ないンです。
また、入学式や卒業氏の時だけ制服で、
普段の時は私服…と言う学校もあります。

これは
「子供の個性を大切にする」とか
「子供自身がTPOを考えられるようにする」
…などの理由からだそうです。

でも、私自身は、
制服があった方が良いと思っています。

その理由の一つは
「保護者の経済的負担の軽減」です。

確かに 制服一式そろえるとなると、
最初はお金がかかります。
でも3年間それで済むし、冠婚葬祭も制服でOK!
考え方によっては、お得じゃないかしら。

一方、私服の場合だと、
毎日 同じ服と言う訳にはいかないでしょう。
年頃の子なら オシャレもしたいし、
可愛い服、流行の服も着たいでしょう。
いろいろと服を買い揃えているうちに、
意外とお金がかかってしまいそうです。

今、子供の貧困対策が叫ばれ、
親の経済格差が 子供に影響の出ないように
求められています。
その点を鑑みると 制服は、
貧富の差、格差の出にくい
非常に平等なアイテムだと 思います。

20161104-______________________________.jpg
それに、入学時にお金がかかると言うなら、
就学援助の入学準備金のような制度もあるし、
また、地域で卒業生の制服を
リサイクルする仕組みを作るなど、
工夫の仕方はあるのではないでしょうか。

また、皆で同じ服を着ると言う事は
“連帯感” を生むことにも繋がる。
それは “愛校心” にもつながると思います。

街角で 自分の母校の制服を着ている子を見ると、
それだけで親近感が湧きますよね。
また、あの制服は うちの近所の●●中学だ…と、
地域の子として 見守る事が出来る。

最近、中学生が巻き込まれる凶悪な事件が多いです。
地域で子供を見守ると言う意味からも、
制服にはメリットがあるのではないでしょうか。

制服については、生徒や学校、
保護者の意向、地域の意見もあると思います。
ぜひ広い観点から、今一度、
制服の意義を考えてみてはいかがでしょうか。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment