2016年 10月 24日

尖閣諸島、竹島が中学校の教科書へ

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

今年度から 中学校の全ての教科書で、
尖閣諸島と竹島が
「日本固有の領土」と記載されるようになりました。
とっても意義深い事だと思います。

授業では
テレビの天気予報に使われているような
尖閣諸島、竹島が中学校の教科書へ
離島が分割された地図ではなく、
日本の領域全体が 表記された地図を使い、
尖閣諸島や竹島の位置を
正しく把握できるよう指導します、
…と教育委員会も その意気込みを語っています。

これからの子供達にとって、
自分が住む国の領土や歴史について
正しく理解する事は とても大切な事と考えます。

国際化社会が進んでいるからこそ、
自分の生まれ育った
国の歴史や領土を正しく理解し、
日本人としてのアイデンティティを
しっかりと育んでほしいのです。

杉並区の子供達には
日本人としての自覚と誇りを持ち、
世界むかって 大きく羽ばたいて欲しいですね。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment