2016年 5月 14日

平成28年度杉並区合同水防訓練

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

20160514-dsc_0575.jpg
今日、平成28年度杉並区合同水防訓練が
和田掘公園にて行われ、
私も災害対策特別委員の一人として 参加しました。

この水防訓練は、
大雨の季節を迎えるにあたり、
地域住民や杉並区、
消防署、消防団などの関係機関が合同で、
実践的な訓練を展開し 水害に備える目的で
毎年 行われているものです。

20160514-dsc_0576.jpg
会場では
積土のう工法などの水防工法訓練が、
まさに実戦さながらに行われました。

近年の異常気象の数々は
地球温暖化が原因と見られます。

その中でも 怖いのがゲリラ豪雨でしょう。
ゲリラ豪雨をもたらす積乱雲は、
10分程度で 急速に発達するために、
20160514-dsc_0580.jpg
いつ、どこで発生するか…の予想が
非常に難しいとされています。

そのため 豪雨対策が遅れがちになり、
大きな被害に繋がると言います。

自分の住んでいる地域について、
低地かどうか?
また 過去の浸水の有無はどうか?などの
特性や危険性を把握し、
雨への対策をたてておきましょう。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment