2016年 3月 25日

蛍の光

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

卒業式シーズンですね。
昨日は杉並第四小学校、
今日は私の母校でもある馬橋小学校の
卒業式に出席させて頂きました。

少し緊張した面持ちで
卒業証書を受け取る子供たちの姿は
卒業式
とても凛々しく輝いて見えました。

将来、芸能人やスポーツ選手になる子、
科学の分野・文学の分野で活躍する子、
そして 世界に羽ばたく子…などなど、
子供達の中には無限の可能性が
あるンですね。
まさに子供は日本の宝だなあ…と、
しみじみ思いました。

ただ、最近の卒業式では
「蛍の光」を歌わないですね。
私は「蛍の光」が好きなので、ちょっと寂しいです。

そうそう「蛍の光」の歌詞は
4番まであるってご存知ですか。
良かったら、今度、歌ってみて下さいね♪


蛍の光
一、蛍の光、窓の雪
書(ふみ)読む月日、重ねつつ。
いつしか年も、すぎの戸を、
開けてぞ今朝は、別れ行く。

二、止まるも行くも、限りとて、
互に思う、千萬の
心の端を、一言に、
幸くと許り、歌うなり。

三、筑紫の極み、陸(みち)の奥、
海山遠く、隔つとも、
その眞心(まごころ)は、隔て無く、
一つに尽くせ、國の為。

【意味】
九州の端や東北の奥まで、
海や山々によって遠く離れていても、
真心はただひとつにして互いに国の発展の為に尽くそう。

四、千島の奥も、沖繩も、
八洲(やしま)の内の、護(まも)りなり、
至らん國に、勲(いさお)しく、
努めよ我が背、恙(つつが)無く。

【意味】千島列島の奥も沖縄も、日本の国土の守りだ。
学を修め職を得て、どこの地に赴こうとも、
日本各地それぞれの地域で、
我が友よ、我が夫よ、我が兄弟よ、どうか無事にお元気で、
勇気を持って任にあたり、務めを果たしていただきたい。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment