2016年 3月 11日

3.11から五年

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

東日本大震災から5年目を迎えます。

この5年で復興は
だいぶ進んだように見えますが、
一方で 未だに甚大な被害の爪痕が
深く残されている地域も 少なくありません。

3.11から五年
東日本大震災は
大きな被害をもたらすとともに、
私達に 貴重な教訓を残しました。
私達は尊い犠牲のもとに得られた教訓を、
しっかりと活かしていかなければなりません。

杉並区は
東日本大震災を風化させることなく、
震災から学んだ経験を
具体的な防災活動に生かして、
より安全・安心なまち杉並を目指すため
新年度予算の中で
「減災対策等の充実」を重点施策の一つに
掲げています。

狭あい道路拡幅整備条例を改正し、
拡幅整備の加速に取組みます。
特に 青梅街道など
特定緊急輸送道路沿道の耐震化、
木造住宅密集地域内の不燃化・耐震化に重点が置かれ、
安心安全の 防災まちづくりを進めていきます。

昨日、行方不明から5年目にして 身元が判明し、
ご家族のもとに帰った方がいたとの
ニュースがありました。
やっと帰れたのね…と思うと、涙が出ました。

いまだ2561人もの方が行方不明です。
この方たちが一日も早く見つかり、
ご家族のもとに帰れることを、
そして 東北の一日も早い復興を 心から祈っています。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment