2016年 2月 08日

北ミサイル発射について

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

昨日、北朝鮮が人工衛星と称する
長距離弾道ミサイルを発射したことにたいし、
多くの方が
驚きと怒りを覚えたのではないでしょうか。

この弾道ミサイルは 沖縄上空を通過し、
今は 何らかの2つの物体が、
地球の周回軌道に乗った模様です。
ちなみに この2つの物体が、
衛星なのか、ミサイルの残骸なのかは、
北ミサイル発射について
不明とのことです。

「衛生なら 良いンじゃないの??」
そう思われる方もいるかも知れませんね。

なぜ 問題になっているか…と言うと、
衛星を打ち上げるロケット技術は
ミサイル技術と表裏一体、
つまり ロケットの開発技術は
いつでもミサイルに転用できてしまうのです。

そう考えると 今回の発射も
表向きは衛星と言いながら、
アメリカに届く核弾頭付の弾道弾の
発射実験だった可能性が否定できません。

だから、大問題なのです。

これまで北朝鮮は
長距離弾道ミサイルの発射実験を繰り返し行い、
国連安全保障理事会の制裁決議で、
弾道ミサイルの開発や
その技術を使った飛行体の発射を
禁じられています。

今回の件で、
国際社会から 非難が集まる事は明らかです。

まして我が国は、拉致問題を抱えています。
我が国は 強い姿勢で独自制裁を科すべきです。

そして その 圧力によって、
北朝鮮におけるレジーム・チェンジ(現政権の体制変更)が起き、
国際社会と話し合いができる国に 転換してほしいものです。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment