2016年 2月 03日

豊かさと安心を未来に拡げる予算案

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

28年度当初予算(案)の
事業概要が発表されました。

来年度予算は
「豊かさと安心を未来に拡げる予算案」と銘打ち、

豊かさと安心を未来に拡げる予算案
・減災対策等の充実による 地域の安心安全の拡大
・多様な連携交流による にぎわいの拡大
・福祉の更なる充実で 区民生活の安心の拡大
・次世代支援・教育の拡充
・区民との双方向コミュニケーションの拡充

上記5点を予算編成の重要な視点に
位置づけています。

また。
一般会計は1,719億7,400万円余となり、
前年度比4.2%の増となります。
これは待機児童対策の推進に伴う
保育委託費などの既定事業の増、
年金生活者等支援臨時福祉給付金給付事業、
成田西子供園の移転整備、
永福体育館の移転改修など投資事業の増
…などによるものです。

私が注目したのは、
「介護イノベーションの支援」です。
介護ロボットを導入する事業者に対し、
豊かさと安心を未来に拡げる予算案
導入経費を助成しようとするものです。

介護ロボットのメリットは、
何と言っても 介護職員の負担の軽減。
そして、慢性的な人員不足を補える事!

その反面、機械では
利用者の微妙な表情の変化、
心の動きを感じとって
臨機応変な対応をする事が
まだまだ難しいと思われます。

マンパワーで行った方が良いところと
ロボットが行った方が良いところ。
そのバランスを上手にとれば、
介護現場へのロボット普及は
どんどん進んでいって欲しいと思います。
だって、少子高齢化が進む中、
介護人材不足対策は 待ったなしの課題ですもんね。

2月10日から第一回定例議会が始まります。
ぜひ傍聴にいらして下さいね!

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment