2015年 7月 31日

『37.5℃の涙』

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

最近、ハマっているドラマがあります。
TBSでやっている『37.5℃の涙』です。

保育園や幼稚園では
子供の発熱が37.5℃以上になると
預かって貰えず、
親がお迎えに行かなければなりません。

しかし、
シングルママや色々な事情で、
なかなか子供を迎えに行けない事も、
仕事を休めない場合もあります。

そこで登場するのが、病児保育士!

このドラマは、
お熱を出した子供の心境、
親の葛藤や周囲とのやり取りを
新米病児保育士の目を通して描かれています。
『37.5℃の涙』

いやーーーー。
なんだか共感する部分が多くて!!
だって、子供って、
本当によく熱を出すンだもん!!
そのたびに仕事の都合をどうするか!?
…を考えて大慌てして。

子供が熱を出して 仕事を休むと、
「お給料をもらっている以上は、
 子供が熱を出しても キチンと仕事はしなさい!」
このように言われたりします。

そりゃそうだ…と思って
子供を実家に預けて仕事に行くと、
「子供が熱を出している時に仕事だなんて、
 母親としての自覚が足りない!」
今度はそのように言われたり……。

どっちも正論だと思います。
だからこそ、いつも思い悩みます。

ただ一つ言えるのは、
子育てしながら、
仕事や地域活動をすると言うのは 本当に大変!
これは 多くのママがぶち当たる “壁” ではないでしょうか。
そして、この “壁” を乗越えるために、
ママはいろいろ知恵を絞って頑張ります!

子育てを通して、
自分自身が成長させて貰っている感じです。

コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment