2014年 12月 14日

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

衆院平和安全法制特別委員会で続いている
安全保障関連法案に関する審議。

与党は15日の採決を目指していますが、
野党は審議を続けるべきとしています。
民主・共産両党が 審議に欠席するなど、
与野党の攻防は激しさを増しています。

しかし ここのトコ、
同じ議論を繰り返しているように見えます。
このような審議は、
時間じゃなくて 中身が大切でしょう。
ある程度、期日を決めて審議を進める事は
大事だと思います。


コメント (0)

コメントはまだありません。コメントを投稿してみませんか?

Leave comment