2015年 7月 02日

新幹線火災 ー鉄道の安全性とはー

投稿者: ai カテゴリー: ブログ

東海道新幹線でおきた焼身自殺による火災。
巻き添えになって亡くなった方の無念さを思うと、
胸が痛くなります。

と同時に、
まさか新幹線に乗っている最中に
こんな事件が起きるなんて!と、
信じられない気持ちにもなりました。

我が国は 来年に伊勢志摩サミット、
2020年に東京五輪開催を控えています。
このような事件 事故、あるいはテロに対し、
どのような対策をとるのかは
日本の信用にかかわる課題と言えます。
新幹線火災 ー鉄道の安産性とはー

とは言え。
海外の高速鉄道と違い
日本の新幹線は
数分おきの過密ダイヤで運行されています。
多くが16両編成で、客席数は1300人超え。
新幹線に手荷物検査を導入したとして、
本当に混乱なく、スムーズに乗車できるのか、
疑問が浮かびます。

また、どんなに厳重な手荷物検査を実施しても、
悪意を持って事件を起こそうとしている人間を
100%食い止めるのは難しいでしょう。

新幹線や地下鉄の場合、
どうしたら事件 事故を防げるかではなく、
発生した時にどのように対処するか…を
しっかりと整備する方が 現実的かも知れません。

模倣犯が出ない事と
亡くなった方へのご冥福を心からお祈りします。

コメント (1)


  1. 阿修羅軍曹July 04, 2015 at 17:16:17

    私、来週新幹線に乗るんですよ。

    自分だけでなく他者も巻き添えにして死んだ犯人は身勝手極まり無いですが犯行の背景が次第に明らかになってくるのにつれ色々と考えさせられました。

    「国民年金を35年間払い続けても月12万円にしかならない」

    この金額、実は生活保護を受けるよりも安いのです。
    70歳だった犯人は 「団塊の世代」 で、同世代は何かと様々な批判の対象にもなり易いですが、これまでずっと国を支えてきた人たちが惨めな老後を送るのが増え続けるのでは同様な犯罪もまた繰り返されると感じました。

Leave comment